ショタ

【ゲイ】チン毛に悩むショタ、母の脱毛クリームで処理した結果www

チンポ見せたら許してやる

僕が小6のときの出来事です。

僕の町内にはチャリで5分くらいの所に市営プールがあったので夏休みは友達同士でよく利用していました。暑い夏はプールが1番ですからね。

からだは真っ黒でスクール水着のあとだけ真っ白でした。

夏休みも後半に入った頃友達5人で市営プールに行ったのですが、僕たちの遊び場所は流れるプールの噴出口の所です。

いつものようにワーワー言いながら騒いでいたら僕の足が中学生の股間に当たってしまいました。

そこからは、まさに天国から地獄へ。

友達3人はあっという間に消えて僕と一番背の低いあっちゃんだけが中学生3人に囲まれてプールの端に連れて行かれました。

「絶対に許さないからな。」

「ごめんなさい。」

「恥じかかせやがって。」

「ごめんなさい。」

「どう落とし前つけてくれるんだよ。」

「ごめんなさい。」

中学生3人は背も高くとて怖そうだったので「ごめんなさい。」の言葉しか出てきませんでした。

「よ―し、水着脱いでチンポ見せたら許してやるぜ。」

ほかの中学生2人も「いいね、いいねぇ、面白そう。」と大声で笑っていました。

もじもじして小さい声で「そんなこと出来ません。ごめんなさい。」と言うと「よ―し、ついて来い。」と言われてプールサイドに上がらされて中学生3人に着いて行くと更衣室に入れられました。

更衣室のカーテンが閉められると中は中学生3人と僕とあっちゃん。

あっちゃんが「もう水着脱いでチンポ見せちゃおうよ。」と言ってきました。

「素直だねぇ、じゃ脱げ。」と言ったらあっちゃんが水着を足元まで落としました。

あっちゃんのチンポはとうがらしみたいでまだツルツルでうらやましかったです。

「よ―し、履け。」と中学生が言うと「今度はお前な。」と。

あっちゃんが「かっちゃんも早く脱ぎなよ。すぐに終わるから。」と言ってきました。

僕にはそう簡単には脱げない理由がありました。

小6になった頃にチン毛が生えてきて、夏休みにはボーボーになっていたからです。

もじもじしていると「早くしろ。俺達を怒らす気か?」と。

誰かカーテンを開けて「お前達何してるんだ。」と王子様が現れてくれないかと期待してたのですが当然誰も現れてくれませんでした。

もうどうにでもなれと思い、仕方なく意を決してスクール水着の紐を解いて水着を足元まで下ろしました。

中学生たちが「うわぁ、小学生のくせにチン毛生えてるー。」

「もうボーボーじゃん。」

「恥ずかしくないのー?」

「俺負けそう。」

「じゃあ、比べてやるからお前も脱いでみろよ。」

「バーカ、そんな恥ずかしいこと出来わけないだろ。」と、さんざん色んなことを言われ一人の人に「チンポの皮を剥いてみろ。」と言われたので、仕方なくチンポの皮を剥くと突然あっちゃんに「お父さんのチンポみたい。」と言われて恥ずかしかったです。

今度は自分の意思とは反対にムクムクとチンポが勃ってきているのが分かりました。

ヤバいと思い思わず両手で押さえてしまいました。

「バーカまだ終わってないぞ。なんで手で隠してるんだよ。」

「手を離せ。」

離せるものなら離してますっていうの。

殴るポーズをされたので思わず股間から手を離してしまいました。

もうチンポがお腹にくっつきそうでガマン汁が床にタレてました。

「こいつチンポ勃ってるぜ。」

「デッけぇー。」

「変態。変態ー。」と笑われました。

「こいつセンズリ知ってるぜ。」

僕が「センズリって?」と聞くと「オナニーだよ。チンポから白いの出したことあるか?」と聞いてきました。

僕は時々昼夜問わずベットの上で下着を脱いでチンポの皮を剥いたり被せたりして射精したことがありました。

すると一人の中学生が僕の後ろに回り僕のチンポを右手で握り上下にシゴキだしました。

僕の腰の辺りに硬い物が当たっているのが分かりました。

自分でするより遥かに気持ちが良くて我慢に我慢を重ねていたのですが大きな弧を描いて射精してしまいました。

中学生たちは「出た、出たー。」「飛んだ、飛んだー。」と大笑いして更衣室から出て行きました。

僕のチンポをシゴいた中学生は「汚ねぇ、手に着いた。早く手を洗おう。」と言って出ていきました。

やっと解放されました。

あっちゃんには刺激が強かったかも知れません。

スクール水着を直してプールに戻ると友達3人が近づいてきて「何かされた?」「無事だった?」と聞いてきました。

すると、あっちゃんが「何もなかったよ。」と言ってくれたので安心しました。

2学期になるとあっちゃんの家や学校の屋上に上がる踊り場に誘わるようになりました。学校は屋上には出られなくなっています。

「ねぇ、かっちゃんチン毛見せてよ。」

「やだよー。」

「じゃあ、みんなにチン毛生えてるの言うよ。」

仕方なくハーパンと下着を下げると「ほんとボーボーだね。恥ずかしくない?」と聞いてきました。

「恥ずかしいに決まってるだろ。」

すると今度は「チンポの皮剥いてよ。」と。

そして最後には「白いの出してよ。」と言われるのでした。

プールでの出来事と一緒です。

でも回数が重なるごとに見られていると思うと興奮するようになっていました。

射精するとき「恥ずかしいけど、あっちゃん見てて。」と思うようになってました。

10月になると二泊三日で東京とディズニーランドの修学旅行がありました。

お風呂ではタオルはお湯の中には入れないです。

僕は夏休みに中学生たちに「チン毛ボーボーじゃん。」「恥ずかしくないの?」と言われたのでチン毛をどうするか最後の最後まで悩みました。

あっちゃんとは違うクラスだったので、僕の家のお風呂場には母さんが使っている泡で溶かす脱毛剤が置いてあったので、修学旅行当日お風呂場でチン毛に説明書き通り泡を付けて10分待ってタオルで拭き取ったらツルツルになりました。

半年ぶりに股間がツルツルになって嬉しかったです。

修学旅行で7人でお風呂に入ったのですが僕が見た限り7人全員股間ツルツルでした。

脱毛してってよかったなぁーと思いました。

僕は今はハイジ男子です。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。