リーマン

【ゲイ】課長リーマンですが、新入社員のセフレしてましたwwwww

まさかのカミングアウト

私は課長をやっています。

最近は教育係も任され、充実してます。

そんな中、初めて教しえたのは大卒のAくんでした。体育系の遊び人で、エロい子でMな私にジャストミート!

かなり出来る子でしたが、女性社員に手を出してしまうようなやり手だからちょっと困る…というか本音は私の物じゃなくなってしまったという嫉妬心が1番でした。

そんなある日、社員旅行がありました。場所は沖縄です。

飛行機の座席は企画の代表だった私の力でAくんの隣になりました。((てへっ!

Aくんは景色を見ては報告してきたり、肩に頭を置いて寝てきたり本当にあざとくて可愛い!

部屋も一緒になったのですが、同僚と一緒じゃないことになんの文句も言わず嬉しがってくれたのが嬉しかったです。

温泉では、何回も遊んだであろう…チンコを目に焼きつけることができて幸せでした。

しかし、何故こんなにも私の隣にいてくれるのか…疑問に思った私は思い切って聞いてみることにしました。

私「Aくんはなんでお父さんとさほど変わらない歳の俺と一緒にいてくれるの?もしかして…恋してるのかな?(笑)」

自分でいって恥ずかしくなった私は親父ギャグで緩和しようとしました。

しかし、「そうです。好きなんですよ…課長が」と。

真面目な顔で思わぬことを言ってきたので困惑してると半笑いで、「そんな顔しないでくださいよ(笑)冗談ですよ〜」と…。

落胆したけど、安心した。

しかし、すぐに「だけど…ある意味 恋かも知れませんね(笑)俺は高2からセフレを作ってきました。でも、いくら若くとも…いくら生でも気持ちいいとは思えなくて…会ってビビっと来るものがなくて…ひたすら漁っていたんです。でも、見つからない…だけど課長と会った時に来たんです…!ビビっと!だからずっと…その…お、襲いたくて…だから、機会があれば襲う気でした!そしたら、社員旅行で飛行機も部屋も同じだったからこれは運命なんだな〜と思っていましただから…俺と…ヤってく
れませんか?」

な、なんというカミングアウトだよぉぉぉぉと思っていました。でも、やりたい気持ちは私も…だったので快く了承しました。

部屋に戻るとAくんは浴衣を脱ぎ、私を倒し、脱がせてきました。

本物を挿れられることが初めてだったのでドキドキしました。さすがにキツくて挿れたまま中断しました。

慣れるのを待つとしばらくしてキツさがなくなってきたので再開するとまだキツく、

私「あっ…あんっ!や、やめてよぉ〜」という弱々しい声を出してしまいました…!

すると、「課長…(笑)可愛い子猫みたいだな〜(笑)」と、私を罵りやめませんでした。

おしりが壊れちゃいそうな気分でしたが、次第に慣れ、チン毛のチクチクを感じるようになりました。

そして、温かいものを感じるとチンチンを抜き、「ハァハァ…中に俺の…入りました〜!」と言いました。

私は、抜かれた反動でオナラをしてしまい、少し液体が漏れたのを感じました。

そして、触って見ると穴が拡がってしまっているのを感じました…!

これは、2年前の話ですが今思い返しても抜ける自信があります。

Aくんとは一時期セフレ関係にもなりましたが、いろんな縺れから別れました。

今はAくんが現場に異動してしまい、会うことがなくなってしまいました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。