男子学生

【ゲイ】公衆便所で全裸オナニーしてたら浮浪者さんがやって来たww

浮浪者さんに見つかってしまい・・・・

僕は今、公衆便所で性処理係をさせて貰っている高1です。

僕が性処理係になった理由を話します。

今コロナの関係で学校が休みになっています。

僕は中学生の時から露出に興味があり、駅の多目的トイレでオナニーをしていた事がありました。

最初の頃は、月1だったのですが学校が休みになってから、公衆便所で朝から晩までほとんど毎日アナニーやチクニーをしていました

4月の初め頃いつもどうりオナニーをしていると、多目的トイレのドアがいきなり開きました。

僕はその時、全裸で首輪をつけ床に寝そびりながらアナニーとディルドでフェラをしていました。

入ってきたのはおじさんで、明らかにホームレスでした。

僕は「すみません」といいながら固まっていると、おじさんが「もう我慢できない」と言い僕におしっこをかけてきたのです。

僕は自然と口が空いておしっこを飲みました。

すると「おいガキ、お前最近ここに毎日いるだろ、ずっと狙ってたんだよ、お前女っぽい身体しててずっと犯したくて仕方無かったんだよ、ドアに耳当てるとお前の喘ぎごえが聞こえててな、ほら前からドア開けてたのに全然気付かねーんだな、鈍感のマゾ犬が」と言われ、僕が一昨日連続メスイキをして気絶しかけている写真を見せてきました。

僕は「誰にも言わないでください、なんでもしますからお願い致します。」と言いました。

すると、おじさんは「よし、今日からお前は俺達の性処理係やな、お前学校休みなんやろ、朝から晩までたっぷり犯してやる、さっそく今日はマッキーで体に痕残したるわ、次の調教内容もな」と言われ、体中に、変態マゾ犬、性処理係など沢山ラグガキされました。

チンコにもラグガキして頂いた時に射精してしまいました。

すると「お前何射精してんだよ、追加で尿道にマッキー刺したる」と言われ、尿道にマッキーをさされながら気絶しました。

そして数時間が経ち僕は近くの茂みで10人の方に犯されまくりました。

そしてザーメン塗れのまま誰もいない自分の家に帰って、体についたザーメンをコップに入れて、今カピカピのザーメンをごはんに掛けて食べながらこれを書いています。

これからも一生犯され続けて壊されたいです。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。