体育会系

【ゲイ】サッカー遠征合宿で強制オナニーさせられた新入部員

全部員の前で・・・

これは僕が中1の頃の話です。

僕は地域のサッカーのクラブチームに入っていました。そこはあまり人数が多くなく全学年合わせても20人もいかない小さなチームでした。

そのクラブチームは長期休みになると必ず遠征に行きます。僕も中1の夏休みに3泊4日の遠征に行きました。

いつも泊まる旅館は決まっていて監督の知り合いが経営している小さな旅館です。

昼間は遠征した地域のチームと練習試合をして、夜は旅館で自由時間でした。その旅館のお風呂はそこそこ大きく全学年で入ることが出来ました。

そしてお風呂に入ろうとしたとき先輩が「うちのチームはいつ始めたかは知らんけど、1年生の初めの遠征のときに誰か1人にしてもらうことがあってな。」と言い始めました。

そこで1年生が「なにするんですか?」と聞くと「ジャンケンで負けた1人は皆の前でオナニーするんや」と笑いながら言いました。

それは実際に毎年あるそうで先輩の中にもジャンケンに負けてオナニーしたことがある人がいるそうです。

さすがに最初は「ホントにするの?」「冗談ですよね?」などざわざわしていました。

でも先輩が絶対にさせると言っていました。

そして先輩の合図で「よーしじゃあジャンケンするぞー。俺とジャンケンして最後まで負けとったやつがオナニーな。いくで。出さなきゃ負けよ、ジャンケンポン!」とジャンケンを始めてしまいました。

さすがにここでジャンケンをしないとホントにしないといけないかもと思い、全員がジャンケンをしました。

そして負けの1人が決まります。

それはTと言う名前の、色白で体の白い子でした。その人はホントにするのかと焦っていました。

でも先輩はその負けたTに「じゃあお前がオナニーな」と言いました。

さすがに先輩たちに抵抗して勝てるわけもなく、Tがオナニーをすることになりました。

そしてお風呂場でT以外全員お湯に浸かると先輩が「じゃあ始めて」と言いました。

最初は嫌がってしようとしませんでしたが、先輩が「ちゃんとやらな俺らがお前押さえて無理やりさせるぞー」と言うとTは全く勃起のしていないチンポを擦りはじめました。

すると少しずつ大きくなりやがてフル勃起しました。

Tは恥ずかしがりながらも、オナニーをしていました。

やがて気持ちよくなってきたのか少しずつ擦るのが速くなっていき、そして射精しました。

それで満足したのか先輩達はお疲れ、とTに言いながら「じゃあ皆もミーティングまでには風呂上がってこいよ」といい出ていきました。

するとTも涙を流しながら自分の精液を流し出ていきました。

さすがにT1人に任せてしまった罪悪感からか僕達1年生はTには何事もなかったかのように接することにしました。

そしてミーティングが始まると1日の反省から始まり、最後に部屋割りが発表されます。なんと僕はTと同じ部屋でした。

そこからは自由時間で自分の部屋に荷物を置くと1年生は1つの部屋に集まり遊ぶことにしました。もちろんTも一緒です。

恥ずかしさからか黙っていましたが、他の全員でフォローするように接しているといつものように話し始めました。

そして自由時間が終わると、自分の部屋に戻り寝ることになっています。僕とTも部屋にいき布団に入りました。

するとTが「まじ恥ずかしいんやけど。皆の前でオナニーとか。」と言いました。

正直自分は少し男にも興味があったので、Tのオナニーを見てかなり興奮していました。でもそれを言うと引かれると思い「あれはしょうがないと思うで。あとT1人にさせた俺らも悪いし。」と言いました。

するとTは「R(僕)もオナニーとかするん?」と聞いてきました。さすがにここで答えないのはヒドイかなと思い「するよ」と答えました。

そこでふとTのほうを見るとTのチンポが勃起しているのが分かりました。夏なので掛け布団なんか使うはずもなく丸分かりでした。

そこで「なぁT、何で勃起しとんの?」と冗談半分に聞こえるような口調で聞くと、「言ってもいいけど引かん?」と言いました。

もちろん僕はTのチンポやオナニーで興奮しているので「絶対しやん」と答えました。

するとTは「恥ずかしいかったけど、皆に見られながらオナニーしたら凄い興奮したんさ」と言いました。

そこで僕はもしかしたらTのオナニーをもう一度見れるかもしれないと思い、「じゃあさ、その勃起しとるチンポ見せてよ」と言うとTは「うん」と言いズボンとパンツをずらしチンポを見せてくれました。

それはお風呂と同じくフル勃起状態でした。部屋の電気は消していましたが、お互いが見える程度には明るいのでよく見えました。

そこで僕は「もう人はこやんやろうし全部脱いでみたら?」と言うと「わかった、そうする」というと全部脱ぎ全裸になりました。

するとTは「Rも脱いでよ」と言ってきたので僕も全裸になりました。

もちろん僕のチンポもフル勃起状態です。

そして僕は「触っていい?」とTに聞くと「いいよ」と言いました。

そこからはどんどんすることが激しくなっていき、最初は僕がTのチンポをシコりました。

そしてTも僕のを触りはじめお互いに触り合う状態になりました。

次に僕がTのチンポを舐めるとTは体の向きを変え、またもお互いで舐めあう69の形になりました。

そこでTはイき、僕の口の中では射精しました。かなり不味かったです。

僕もイきそうになりTの口に出しました。

それでば終わらずTとキスをしました。

するとTは「ねぇ、あと3日あるんやし、この遠征の間にいっぱいしよや」と言ってきたので「いいよ」と答えました。

そしてその遠征の中で毎晩しました。

遠征中にアナルですることはありませんでしたが、遠征が終わってからも関係は続き、結局アナルでもしました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。