SM調教

【ゲイ】貞操帯マゾ奴隷が南京錠のカギを失くした末路wwww

哀愁のマゾ男

こんにちは、24時間レスキューでカギの応急製作・解錠を仕事にしています。

クルマのキーを閉じ込めてしまったり、家のカギをなくしてしまったりした人から電話をもらって、助けにいくわけですが、まぁ切羽詰ってる人ばかりなので、とんでもないケースがあったりするんですよ。

先日、夜中の2時くらいに店舗の電話が鳴りました。

仮眠を取る前だったので、すぐに受話器を取れたんです。

「もしもし、カギの110番サービス〇〇です。どうされましたか?」

「あの・・開けて欲しいんです。」

「あ、はい、解錠ですね。どんなタイプのカギなんでしょう?」

「南京錠です、小さめの。」

「あ~そうですか、ならばピッキングで開けられると思いますので、ご住所を教えてください。」

「えっ、こっちへ来るんですか?」

ヘンなことを言うお客さんだなと思いましたよ。

だって「来るの?」なんて言う人いないでしょ、依頼の電話をしてきておいて。

「えっ、お伺いしたらダメなんですか?」

「・・家を、見られたくないんです、、」

「えーと、いったいどこのカギなんです?」

「そっちへ行ったらダメですか?」

あ~、箱か手さげの金庫かなと想像しました。

「それではこちらの店舗までお持ちいただけますか?」

「・・それも、ちょっと、、」

おかしなことを言う人だ、もしかしたらこの深夜だし酔っ払ってるのかな?と思って、「じゃあどこかで待ち合わせします?」と尋ねてみました。

それで指定してきたのが、郊外にある緑地公園の駐車場です。

なんでまたこんな人のいないところで・・。

少々気味が悪いですけど、結構な作業料を提示しても「支払います!」との返事をもらえたので、やるしかありませんよね。

しばらくすると、真っ白なハイエースが近づいてきました。

こっちから運転席のほうへ行くと、「ありがとうございます、後部座席のほうが明るくできますから、後ろへ乗ってください。」と言われました。

青白い顔のガリガリに痩せているタイプで、年齢は30代くらい。

いっしょに後ろの席へ乗り込んで、作業を開始しようとしました。

でも、どこにも金庫らしきものが置いてないんですよ。

それどころか、少し臭うんです。

なんというかその、汗が蒸れて酸っぱくなったような、生々しい臭いが。

「えーっと、開ける対象はどこにあるんですか?」

「・・あの、」

「はい?」

「絶対に驚かないでくださいね。」

そんなこと言われたら、身構えちゃうじゃないですか。

いったい何が出てくるんだろうと、ドキドキしていたら、彼はおもむろにズボンを脱ぎ始めたんです。

「えっ、ちょっ、ちょっと何やってるんです。」

「カギをお見せするんです。」

そんなとこに付いてるの?有り得ないでしょ!と言おうと思ったら、なんと本当に付いてました。

彼の股間に金属製の筒のようなものが固定されていて、そこから腰の周りにチェーンが伸びてます。

それと筒をくっつけている南京錠が2ヶ所にありました。

そして悪臭の原因もこの筒でした。

「なんです、これ?ギプスかなにかですか?」

貞操帯なんて知識も発想もボクにはありませんからね、ヘンな質問をしちゃったんです。

そうしたら彼、「まぁ、そんなもんです。カギ失くしちゃって・・」

それはウソだろうと見破りましたよ。

だって同時に2つのカギを失くすなんてこと考えられないし、ギプスなら医者が合い鍵持ってるはずですからね。

これはかなり複雑な事情が絡んでる人だなと、勝手に想像しました。

「わかりました、すぐに外してみましょう。」

「あぁ、ありがとうございます、、」

1個は簡単に開いたんです。

もう1個が外国製のカギで、ピッキングを受け付けようとしません。

カチャカチャと苦戦しつつ、ときおり器具が筒にカチャン!と当たってしまいます。

「ぁううぅっ、あううっ、」

そのたびに彼は、悶えるような声を発しました。

「ダ、ダメなんです、、」

「何がダメなんですか?」

「筒に触れられると、その、敏感なもので、あの、感じてしまいます、、」

「感じる?」

カチャン。

「あぅぅぅっ」

本当だ、めっちゃびんびんに感じてるみたいなんです。
筒が上を向き始めました。

結構細めの筒なのに、だいじょうぶなのか?

「ぁぁぁぁっ、痛ッ、くあああっ、」

中でペニスが勃起して、パンパンに詰まってきているのでしょう。

こんな筒じゃあ、成人男子の勃起ペニスなんか収まるはずがありません。

「早くっ、早く開けて、筒を抜いてえぇぇぇ~っ、」

「そんなこと言われても・・」

2分後、なんとかカギは開きましたが、ペニスが筒にハマってしまい、悶絶を繰り返しています。

「抜いてっ、抜いてっ、」

そんなことまで仕事の範囲じゃないよと言いたかったですが、隣りに座っている以上、このままにはできません。

意を決して筒を握り、ぐいぃぃ!と引っ張ってみました。

「ああぁっ!」

簡単には抜けそうにないです。

力を入れて2度3度、左右にぐりぐりとひねっては引っ張りあげました。

「ひいいぃぃっ、イクッ、イクッ、イックウウゥゥゥゥゥゥゥ~ッッ」

おいおい、こんな状態でイクなよっ!と彼の顔を見た瞬間、大きな痙攣とともに大絶叫。

筒の隙間からドクドクと白い液が垂れてくるではないですか。

そのぬめりが功を奏して、スポッと筒が抜けました。

ムンムンと立ち込める精液の臭い、抜いてからも射精を繰り返して、こっちの服も汚されてしまいました。

呆然と彼のチンポを見ながら、ティッシュを探して車内掃除に取り掛かりましたよ、トホホ・・。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。