ガチムチ スリ筋

【ゲイ】大手ゼネコンで雄臭い職人さんたちに廻されてた俺wwwww

24時間対応で性処理

俺は173-70-32

いまは地方のそこそこの大きさの文房具卸の会社にいる。親の会社だから何年かしたら継ぐ予定になっている。

今まで男にしか興味持った事ないし、学生時代はモテる為にラグビー部入って、大学は東京行って遊んでた。髭、坊主にしたら結構誰とでもやれたかな。

奥二重で鍛えてるからタチっぽく見られるけど、ドMウケ。

ゴツい男に無理やりとかされると、部活の先輩にされてるみたいであがる。

大学でもラグビー部入ったけど、そのうち幽霊部員になった。男と遊ぶ方が楽しいからね。

俺、地元帰る前に東京で就職することにしてた。親にも話して了解取り付けた。会社継いだ時に役立つようにってのもあるけど、まだまだ東京で男漁りしたかったのが大きい。

で、大手ゼネコンに。大企業でゴツい男と知り合える職場が良かったからね。忙しかったけど、現場監督として飛び回って、現場近くで掘られまくってた。掲示板にも載せたし、アプリや赤いSNSなんかも使って。朝まで廻されて種付けされたまま出勤するのも何回もあった。

それが職人さんにバレて廻される事になった現場も何個かある。普段は日曜だけはほぼ男漁りをしないで、体のケアをしてる。毛の処理やジムで限界まで追い込んで体維持してたんだけど、その時は現場近くのホテル暮らしだから職人さんが帰りに寄ったり、仕事前にやりてえとかで毎日24時間対応させられた。

現場終わりの汗と小便臭えチンポ咥えまくれるなんて天国だったし、ケツも広がって閉じなくなってきた気がする。

乳首もデカくなったし、中卒で脳筋野郎に馬鹿にされながら処理穴扱いはマジご褒美だった。

そこまで派手にやってれば、そりゃあ会社の同僚にもバレるよね。俺の場合は大学のラグビー部の奴で同期がいたんどけど、そいつにバレた。

俺も違ってラグビー部の推薦枠みたいなので入ってきた奴だから仕事はまるでダメ。バカ丸出しで社内ではまだマシだけど、現場行ったら酷いらしい。仕事知らないくせに上から仕切ろうとすっから職人さん皆んなに嫌われて仕事にならないらしい。

そん現場が続く中で、特にキレた下請けにそいつはレイプされたらしい。まぁ生意気な男を黙られるのにケツ掘るのは昔からよくあるやり方だしね、と思って聞いていたら、その場で俺の話が出て知ったって。

仕事は出来るけどヤリマン野郎がいるし、終わってる会社だなって。その時は誰の事か分からなかったけど、調べたら俺だってなった。

見た目は硬派だし、喋り方も体育会だから違うと思ったから確かめる為にホテルにまで会いに行ったら廻されてた。しかも喜んで奉仕してたし、ケツ掘ってた若い奴にも礼を尽くしてるの見てガチなんだって。逃げ帰ったけど、頭から離れなかった。

俺は同期が何の話をしに来たのかみえなかったから、単刀直入に聞いた。

すると、会社の上の方はこの事を知ってる。問題を起こしてないけど、トラブルになるかもしれないから発展を止めさせるのと、同期に仕事覚えさせる為に2人で現場監督することになったと。

同期はトップリーグにこそいけなかったものの努力家で人望もある奴だった。だから、社会人になって自分の不甲斐なさに腹が立っているんだろう。しかも俺なんかの下に付けられて。

でも、俺はいつ会社を辞めてもいいと思ってたから割り切れてるだけなんだけどな。
それから同期は頑張った。分からない事はその場で、分からなそうな事があれば事前に俺に頭を下げて教わりにきた。頭を下げるな!って何回言っても貫き通す姿を見て俺が勉強になった。人生観変わるくらいに。

現場一つ終わる頃には俺なんかよりちゃんとした監督さんになった。これだけ成長したらもう引っ張りだこだなって思ってた。正直寂しかった。学生の時みたいに2人一部屋で3ヶ月生活してたからね。

サクッとしか処理できなかくて不満だったけど、成長していく同期みてるうちに真剣な横顔に、可愛い寝顔にやられてしまったんだ。でもけじめとして手は出さなかった。シャツやパンツの匂いは嗅いでシコったけどね。

でも、次の現場もペアでってなった。何故か同期も喜んでた。ふざけて、また風俗通いしなくちゃな!って言ってやったら、お前も行くか?って。エロい事しか考えてないような言い方だったけど、俺の事、将来のことを心配してくれてるのが分かり過ぎるほどに分かった。

その夜、ちゃんと話し合いをしたよ。

お前が女を好きな様に俺は男が好きなこと、風俗に誘ってくれる優しいお前を傷つけたくないから1人でホテル生活する事を伝えた。

同期は、絶対ダメだとだけ言うと何も言っても聞いてくれず寝た。

朝は時間がないし、聞いてくれない。仕方ないから勝手に出て行こうとした日、同期が部屋に入ってきた。

俺はお前を迷惑に思った事ないし、出て行くつもりなら全力で止めるからな。今居なくなるって思ったら寂しくて耐えらないって。

もうキュンキュンして部屋に残ることにしたよ。

そうとなれば手は早い俺。その夜から同じベッドに寝ることにしたりと徐々に男同士に慣れさせていった。

普段のオラついてる俺とは違う、媚びる様な目をしてみたり色んな手を使って落とした!

その現場が終わる前に同期に跨る事に成功したよ!

真面目な男が俺だけを見て一生懸命に腰を振ってるの見ると、他の男はもう要らないって思うよ、マジで。

もうヤリマンは卒業するけど、新しい現場で前にやった職人さんがいたらどうしよう。。。、

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。