ノンケ

【ゲイ】既婚リーマンさん、会社倉庫でオナニーした結果www

課長にバレてた・・・・・

今から16年前の俺が26才で結婚して子供が出来たばかりの頃の話しです。

当時課長だった35才の独身の上司と、土曜の電話当番をした時です。

子供に手が掛かり妻はやらせてくれず、小遣いも少なく風俗も行けないので、毎週当番をかって出て、倉庫の片隅で週一でオナってました。

その日も倉庫の整理をすると言って、電話も鳴らないのでオナしてました。

夕方時間になり、帰ろうとすると課長に呼び止められました。

「仕事中にオナってた事を会社に報告しなくちゃいけないんだよな!」 そう言って、当時ガラケーの写真を見せられた。そこには俺のオナってる姿が写っていて、俺は子供も小さくクビになったら困るので、土下座までして、課長の為に何でもしますと謝った。

課長は事務所の戸締まりを内側からして、裏口から倉庫へ俺を連れて行くと、倉庫も内側からカギを閉め、ズボンとパンツを脱ぎ、手でチンコを扱き「溜まってるから直ぐ出る!しゃぶって抜いてくれ」と。

俺がためらっていると手を掴んで握らされ、頭を押さえ付けしゃがまされ、渋々今だけ我慢すればと思い、小便臭いチンコを舐め始めました。

少しすると課長が「もうダメだ!」と言って頭を押さえ付けてイラマ状態で喉まで突いて、俺は苦しくて涙が出てしまった。

課長も口の中に出していた。しかし頭を押さえ付け抜いてくれないので、苦しくて俺は飲み込んでしまった。

課長は「また頼む」そう言い残し、さっさと帰り支度をして帰ってしまった。俺は近くの自販機で水を買い、口の中を洗って帰った。

それから数日間様子を見ていたが、今までと何も変わらない課長の対応に安心した。

その後2ヶ月近く経ったある日、部長に課長と一緒に呼ばれてドキドキしていたら、遠方の取引先の複数の会社に訪問指示が出た。課長は本当に秘密にしていて安心して、俺は出張に同行した。

一日目は遅くなり、チェックイン前に食事を済ませる為、居酒屋に行くと課長にガンガン飲まされ、かなりフラフラにゆわされました。

チェックインすると課長と相部屋だったが、酔っ払っていたせいて、服を脱いでパンツ一丁でベットに倒れ込んだ。課長は二日酔い止めと言って、薬をくれたので飲んで寝てしまった。

朝起きると何故か全裸状態で、取り敢えずシャワーを浴び鏡の前で髭を剃っていると、胸の辺りにキスマークみたいなのが付いていた。

しかし同行中の課長はいつも通りで変わらなかった。

この日は早く仕事が片付き宿に行くと、安い温泉旅館だった。いつもその方面に行く時は、会社がその宿を押さえてくれるらしいです。確かに俺も何度かその後泊まった。

時間も早かったので、先ずは温泉に浸かり、部屋に戻ってビールを飲みながら課長と出張報告書を書いた。その後食事を済ませると、いい感じに俺は酔っていた。

部屋でタバコを吸いたくなりみると、切らしていたので買いに行こうとすると、課長が自分のを俺にくれたので一本吸った。

実は今は違法だが、当時流行りの脱法ハーブ入りだったらしい。

暫くすると頭がクラクラして、気分が良くなり力が入らなくなると、課長が俺の体を舐めるように触りだした。すると体は気持ち良く感じてしまい、ムラムラして勃起する。

「今日は時間も有るし、最後まで楽しませてもらうからな(ニヤリ」

俺は課長に浴衣とパンツを剥ぎ取られ裸に、課長も裸になると覆い被さり、キスをしたり、全身を舐め始めると、俺も気持ち良くなってしまい声を出していた。

更に課長はお尻に何かを垂らすと、自分でゴムを着け、お尻に押し当てズブズブと入れてきた。

俺はその時の痛みが何故か気持ち良く感じてしまい、課長にしがみついてしまう。

課長はそんな俺に遠慮無く一気に奥まで挿入後、激しく腰を振りだした。俺も感じてしまい喘いでいると、課長は時間にすると数分で果ててしまった。

平日だった事もあり客も少いので、課長が夜の11時過ぎに温泉に入る為、俺を連れて部屋を出た。

風呂には誰も居ない事をいいことに、課長は尻にお湯をシャワーで入れたりしてくる。

俺はさすが嫌で、先に部屋にもどらせてもらった。

タバコの効果が薄れてきていたので、課長に内緒でもう一本吸い、更にビールも一気に飲みほした。

課長が部屋にもどる頃には自ら課長に抱かれたくなり、課長に抱き付いてしまっていた。課長も嬉しそうに抱いてくれて、2回も中出しをしていました。

この日以来、課長と出張や会社の飲み会の後など、しらふでもセックスをするようになりました。

濃厚な男同士のセックスが好きになった俺は、課長命令で取引先の上層部の方の、男好きな人の種壺をさせられたりして、お互い昇進し部長と課長になっています。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。