リーマン

【ゲイ】俺氏、神田エクスプレスで尿道責めされて悶絶イキ・・・・

EXPRESSにて

俺はまだ始めて半年も経っていないゲイ初心者です。

以前から興味のある世界で、なんとか足を踏み込んだもののまだ慣れず・・・。

それが先週行った神田のエクスプレスで、大きく変わることができました。

そのときの話をします、ちょっと恥ずかしいけど・・。

神田のエクスプレスってハッテン場は、ネットでは有名だったので、行くかどうか迷っていたんです。

でも、お尻は疼くし、チンポはいつもびんびんになってるし、もう犯されたくて仕方ない体になってしまっていて。
それで思い切って飛び込んでみました。

なんとビジネスマンやリーマンが昼間からでもウヨウヨ、もうパラダイスのような場所だったんです。

ニオイが男臭くて、クラクラしますよ。

人通りが多いので恥ずかしいですけど、道を歩いている男性からも俺自身が物色されてる気分になって、とても興奮します。

「キミさ、相手いないの?」

「は、はい」

「じゃあおいでよ、あっちの部屋でさ。」

そう言って俺のことを誘ってくれたのは、ヒゲが凛々しい30代のリーマンでした。

名前は聞いても教えてくれません。

LINEとかも聞いたんですけど、「ここに来ればまた会えるでしょ。」とそっけないんです。

こっちから連絡を入れられるのが億劫なんでしょうか?

俺個人としては、ここ以外の場所でも会いたいと思える人なのに・・。

「早く。」

「あ、はい、、」

「どうしたの?脱ぎなよ。」

「えっ、、いきなりですか?」

そんなことを聞いてしまったので、彼に笑われてしまいました。

個室に入ってすることはひとつ、早くヤッちゃおうってのはわかるのですが、はそういう流れ作業みたいなのは苦手で。

「へぇぇ~、女の子みたいなことを言うんだな。」

「だめですか?」

「ううん、だめじゃないよ。可愛いなと思ってさ。」

そう言うと彼、俺の頬を優しく撫でて、そのヒゲをくちびるに押し付けてきました。

ジョリジョリとした感触が、俺の中枢神経に染み渡ってきます。

今からこのヒゲが、俺のあんなところやこんなところに触れるんだと思うと・・勃起せずにはいられませんでした。

「なんだ、もうギンギンじゃないか。スケベだなぁ~、、」

「あぅ、そんなぁ、、こんなキスされたら誰だって、、あっ、」

「エッチな声を出すね。じゃあここをこんなふうにしたらどうなるの?」

彼の手が俺のチンポに触れてきました。

パンツで隠していたのに、それも剥がされてしまって。

もうビンビンなんです、イジられたくてたまらない状態のチンポになっているんです。

彼はかがんで、ヒゲを亀頭にチクチク当ててきました。

尿道を指で開いてから、ヒゲをチクチク。

まさか尿道の内側をヒゲで刺激されると思ってなかったので、俺は嗚咽を漏らし悶えてしまいました。

「ああんっ、俺のペニクリを、、中から刺激するなんてぇぇ、、こんなの、耐えられないぃぃ、、チンポあげるぅ、、俺のチンポあげるよぉぉ、、」

「あげるって、どういうこと?好きにしていいってこと?」

「うん、そう、、そうなのぉ、、好きにして、、めちゃめちゃにしてぇぇ、、」

ニヤリと口元で笑ったのが見えました。

俺は彼のおもちゃにされる、そう確信した瞬間でもあります。

彼は胸ポケットに差してあった太めのボールペンと取り出し、それを容赦なく俺の尿道に突き刺してきました。

グリグリとドリル回ししながら、ペニスの根元に向けて突き刺さってくるポールペン。

尿道がこれまで経験したことがない大きさに広げられていきます。

「あっ、あっ、だめぇ、チンポが犯されてしまうぅぅ、、ペニスが避けるぅぅ~、、」

「なんだよ、好きにしていいって言ったじゃないか。」

「でも、こんなぁ、あああああああっ、チンポがぁぁ、、」

なんと、ボールペンがほとんど俺のペニスの中に吸い込まれてしまいました。

はち切れんばかりに太ったチンポ、それを彼は手で握りしめて、コキコキ上下に擦り始めたのです。

内側と外側からの圧に耐え切れず、俺は1分でイッてしまいました。

射精はできないと思ってたんです。

それがなんと、ボールペンの中にどんどん精子が溜まっていくではないですか。

そして上フタの辺りから、白いザーメンがブシュウウゥ!と噴き出してきました。

「あああ、こんなことされてても、イケちゃうんだ。ボールペンが管になって、、精子を放出できるんだ、、」

「そうだよ、オレはこうやってこの店のゲイたちを犯してるんだ。さぁ、突き刺したまま、アナルにオレのペニスを突きたててやるよ。」

その宣言通り、彼の極太ペニスが俺のアナルを突き破ってきました。

当然濡れてないし、ローションなんか使ってくれません。

全く未開拓のピンクのアナルを、力任せに貫いてきたのです。

ムリヤリ破られ、そしてピストン運動で裂かれてしまいました。

「こうすれば次は楽になるんだ。排便は垂れ流しになるけどなwww」

ああ、また笑ってる。

ひどい人に出会ってしまったのかもしれません。

でももう叫び狂う気力もなくて、ただアナルを掘られながら、ボールペンイキを繰り返す他ないのでした。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。