男子学生

【ゲイ】DC君、内科検診で真性包茎の悩みを相談した結果wwwww

金玉のデカい短小包茎です

僕がこの前病院に行った時の話をします。

僕は中2で、水泳部に入っています。

新学期が始まって、内科検診がありました。

検査された後、僕はお医者さんに包茎チンコの悩みを話したら、1番最後に残るように言われました。

全学年生徒の検診が終わった後、再び保健室に行きました。

そこには男のお医者さん1人だけでした。20代後半くらいの若い先生でした。

僕は服を全部脱ぐように言われて、パンツ1枚になりってお医者さんの前まで行くと、パンツをずり下ろされました。

僕は、真性包茎でチンコが小さく、毛も10本くらいだけなんです。

チョビチョビと生え始めたばかりですが、金玉だけはデロンと垂れ下がっていて、大人顔負けのデカさです。まるで狸の置物みたいな男性器です。

チンコを見られた恥ずかしさで、だんだんチンコが勃起してしまいました。もちろん真性なので勃っても剥けません。むしろ皮が余っています。

お医者さんは、その垂れ下がっている皮をつまんで、左右に振って僕のシンボルを眺めていました。

医「不釣り合いなチンコだなぁ。金玉だけ成長しすぎているから今度、私の病院で診てあげるよ。」と言われました。勃起してしまったことには、触れないでくれました。

そして僕は、休日に病院に行きました。

僕が診察している間、お母さんは用事があったので、「終わったら連絡してね」と言いました。

そして僕の番になり診察室に入りました。

服を脱ぐように言われて、全裸になってベットの上にあおむけになりました。保健室の時はお医者さん1人だけでしたが、今度は女性の看護師さんが2人もついていました。

僕は、なんとか勃起しないように色んなことを考えましたが、結局、僕の短剣は天井を向いて、ピクピクしていました。

お医者さんが、皮を剥こうとすると僕は痛くて腰を引いてしまいました。

すると、2人の看護師さんが僕の手足を押さえつけました。

医「まだ尿道も見えなかったから、痛いけどもうちょっとがんがってね」と言われました。尿道も見えないくらい包茎なのかと、僕は悲しくなりました。

身動きが取れなくなり、お医者さんはいったん皮を元に戻し、さっきよりも強く皮を剥きました。

チンコに激痛が走りました。

僕はこれなら剥けただろと思い、チンコを見てみると亀頭の先っちょが1ミリくらいだけ、剥けていました。こんなに痛くてあれだけしか剥けないのかって思いました。

何回も剥いては戻してを繰り返していくうちに、ちょっとずつ亀頭が見えてきました。

そしてついに、亀頭の出っ張り部分まで剥けて、人生で初めて自分の亀頭を目にしました。

僕の亀頭はチンカスだらけで、本来なら赤いはずの亀頭が白く染まっていて、所々赤い部分が見えるくらいでした。僕は恥ずかしさでいっぱいでした。

しかし、お医者さんが手を離すと、すぐに元に戻ってしまいます。亀頭の出っ張り部分まで剥いてもらい、ウェットティッシュで亀頭を磨いてもらいました。

なかなかチンカスが取れず、剥けたばかりの亀頭は敏感で、チンコがムズムズして射精してしまいそうになりました。

僕「ダメ…、なんか、出ちゃう…」と言いましたが声が小さくていました聞こえていませんでした。

普段は垂れ下がっている僕のドラゴンボールが、パッツパツになっていました。

もう限界になってしまい、「出ちゃいます!ごめんなさい!!」と言って濃厚なミルクを発射し、あたり一面にぶちまけました。

お医者さんはとっさに顔を避けましたが、マスクや肩についてしまい、看護師さんの靴にも飛びちっていました。

僕はムケチン射精が気持ち良すぎて、体に力が入らずオシッコを漏らしてしまいました。

皮はすぐに戻ってしまいましたが、まだカッチカチのチンコから、噴水のように溢れ出ていて、全身に浴びていました。

オシッコを出し切ると、僕の短剣は力をなくし小さくなりました。

僕のことを聞いて、新しく看護師が2人きて、飛びちった精子やオシッコを綺麗に拭いてもらいました。

僕は泣きながら何度もごめんなさいと言うと許してくれました。

僕は汚れてしまったので、お医者さんは「いったん体を洗っておいで。服着たら、服も汚れちゃうから裸のままでいってね」と言われました。

男の看護師さんに案内され、僕は裸のまま診察室を出ました。

大勢の人がいるロビーを全裸で歩かされ、小さくなったはずの僕の短剣は再び力を取り戻しました。

チンコを反り立たせたまま、大勢の人の前を通り過ぎて僕はシャワーを浴びせてもらいました。

その後お母さんが迎えにきて、何事もなかったかのように帰りました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。