フェラチオ

【ゲイ】広島のpPside+で初物チンポを拾ってしまったwwww

ゲイバーでの拾い物

広島市内にあるピーピー、正しくはpPside+って名前のゲイバーで、よく通ってました。

ちょくちょく声も掛けられましたが、シャイっぽい男の子が最高に好きなんです。

学割もあるので、20才くらいの学生さんをいつも探すようにしています。

ある週末、20時くらいに店内へ入って知人としゃべっていました。

そうしたらそこへ、二人組の若い子たちが入店。

そのうちのひとりとバッチリ目が合いました。

隣りに行って、お連れさんが彼氏でないのをさりげなく確認。

そのまま目線を彼の腰から股間に落としていくと、見られてるのに気づいたのか、照れ始めて。可愛い。

「キミ、名前は?いくつなの?」

「セイヤです。トシは20才、まだ学生です・・・」

「そっかぁ~、20才かぁ~」

「ここへはよく来るんですか?」

「まあ、週イチくらいかな。セイヤくんは?」

「ボクは今夜が初めてです。連れて来てもらったんですよ、こういうバーがあるって聞いて。」

もうプリプリな若さが弾けてる感じが、たまらなくイイ。すぐにでも食べたい!

「これまでは、どこでパートナー見つけてたの?」

「・・・ごめんなさい」

「えっ、どうしたの?なんで謝るの?」

「いや、男性とは未体験なんです。これまで出会う機会がなくて・・・」

初体験のお相手を、オレができるかもしれません。

それを想像しただけで、ちょっと椅子から腰が浮いてしまいます。

ガンガンに彼を掘っているシーンとか、彼が悶え狂ってるシーンを頭の中に描いてしまって、勃起がすごいことになってきました。

「なにをもじもじしてるんですか?」

「キミとのプレイを妄想してしまって・・ボッキンが止まらないの。」

「ええ~っ、、ちょっと待ってくださいよ。そんないきなり、、ボクまだ心の準備というか、何も決めてませんけど・・」

「なによ、オレじゃあダメなの?」

「そんなことは・・・言ってません、、困ったなぁ、、」

何を困ることがあるんだろう?と思いました。

一緒に来た友達に断ってもらって、早く一緒にお店を出たいと。

そう当人に伝えると、友達の耳元でこそこそとしゃべっています。

友達が目を丸くして、オレのほうをチラ見してきました。

軽く手を振り、愛想を振り撒きます。

友達は笑顔でOKサインを出してくれました。

さぁ、セイヤくんをホテルへ連れていきますよ。

行き着けのラブホがそばにあったのですが、運悪く満室。

それではと近くのビジネスホテルへ向かい、ツインルームを確保しました。

エレベーターに乗り込んでも、終始うつむき加減。

なんて愛らしいんでしょうか、こんな男の子にはなかなか出会えないでしょう。

「ささ、セイヤくん。シャワー一緒に浴びようよ。」

「は、はい・・」

ビジネスホテルなので、小さなユニットバスです。

そこに男ふたりが体を密着させながら、シャワーでお互いのチンポを洗いっこしました。

オレのはギンギンに勃起、彼のもオレ以上に上を向いています。

それをギュッと搾るようにつかんで、シコシコ動かしながらお湯を当ててあげました。

「うぅぅぅぅ~っ、、」

「ヘンな声出さないでよw」

「だって、だって、、感じる、、すごいぃぃ、、こんなの初めてです、、やばい、、、」

「敏感なんだね、セイヤ、、」

その場でかがんで、彼のペニスを先からスッポリ口に含み、舌で亀頭をモミモミ。

そして思い切りバキューム。

彼は内股になり、力が入らないヒザをガクガク。

ああ、なんて可愛いの、もう吸い出してやる!と決めて、強力バキュームを連発。

「あああっ、もうイクしかないですぅ、、いくうっ、はあぁぁぁぁ、、いくいくいくいくっ、」

次々に溢れてくる精液の波、それを一度もこぼさずに全部ノドの奥へと流し込んでいきます。

すごく濃いのか、苦味がハンパじゃないレベル。

でも、こんなに美味しいザーメンを味わったことがありません。

油断している彼のアナルに親指を突っ込み、ひるんだ瞬間にタマタマを揉みまくり、彼の射精をもっと煽りました。

崩れるように倒れ込んで、口からペニスが抜け落ちました。

彼の顔がちょうどオレの股間のところに来たので、今度はオレのチンポをフェラさせました。

「うおっ、セイヤ、、上手いよぉ、、あっくうぅぅ~っ、、」

彼は初めてのはずなのに、強めのバキュームを何度も打ち込んできて、とうとうオレもヒザを震わせながら、激イキしてしまったのでした。

COMMENT

Your email address will not be published.

体験談の著作権は当サイトにあります。