特殊フェチ

【ゲイ】一生のお願い!ノンケ君にフェラさせて欲しいと言った結果

全部飲んじゃった

中学生の頃の話です。

僕が中3でA君(仮)中2でした。

僕はA君のことが好きでした。

A君はよく汗をかく人でその匂いがとても興奮します。

そんなある日、A君が「家に遊びに来ますか?」と言ってきました。

僕は、即答で「行きたい!」と言いました。

急いで家に帰り着替えてA君の家に行きました。

A君の家に着きA君が玄関のドアを開けるとパンツと靴下だけ履いたA君がいたんです。

その姿に僕はもう興奮しすぎました。

A君の部屋に入りました。

そして、入った時に言いました。

僕)なんでそんな格好してるん?

A君)暑いから先輩も脱いで俺だけ恥ずかしいから…と言ってきたんです。

僕は一緒の格好になりました。A君の格好を見てると勃起し始めたんです。

A君)先輩なんで勃起したんですか?と聞いてきて

僕は興奮しすぎてとっさにA君のこと見て勃起した…と言ったんです。

そしたら、A君が、俺で興奮したんですかwwと笑われました。

僕は勇気を出してこう言いました。

僕)A君一生のお願いきいて、A君のチンポしゃぶらせてほしい。

すると、先輩しゃぶってください俺先輩にしゃぶられたいです!と言ってきたんです。

僕はA君のチンポをしゃぶり始めました。

気持ちいいのかA君が喘ぎ始めました。

A君)アァ……ウ…先輩、チンポ気持ちいですぅ……

僕は早くしゃぶってみたら、A君が俺イきそうと言ったんです。

僕は出していいよ口の中に出してというとA君はアァ……イク…で…出る…と大量の精子が口の中に出されました。

そしたらA君が言いました。

A君)先輩…気持ちよかったっす!と言ってくれたんです。

僕はA君の精子を飲みました。

A君のチンポはまだ立っていました。

僕は冗談のつもりで、チンポアナルに入れてほしいな〜と言ったらA君が、いれていいですか?俺、先輩のアナルに入れてやりたいです!と。

次は、先輩が気持ちよくなる番です。と言ってきて僕は入れて…とお願いしてました。

僕は、A君のチンポをアナルに誘導して入れました。

A君腰振りしてみて…いっぱい突いてほしいというとA君は腰を振り始めました。

A君)先輩気持ちいですか?と。

僕は言いました。

僕)気持ちいよ!中出ししてぇ!

A君は頷き激しく腰を振り僕は喘いでいました。

僕)アァ……気持ちぃ……ア…

A君がキスしていいっすかと言ってきて僕は舌を出すとA君が腰振りしながらがいる自分の舌を僕の口に入れでディープキスをしました。

そのあとはバックをやりました。

A君が、気持ちいっす!中出しますよーと言いました

僕は、出してぇ…A君の精子中に出して欲しいぃ…と言ってA君が、アァ イキそうっす 出しますよ あ…イク アァ………と。

僕はトコロテンをしていました。

そのあとA君はチンポを抜いて、気持ちよかったです!またやりましょう!と言いました。

着替えようとした時に僕はA君に言ってみました。

僕)A君今履いてたパンツと靴下欲しいんだけど…と言ったんです。

そしたら、いいですよ!エッチな先輩ですねw。俺の臭い匂い嗅いでオナってください!と言って、履いていたパンツと靴下をもらって帰りました。

その後は、学校でやったり公園のトイレでやったりしました。

僕は中学校を卒業して違う県の高校に進学しました

その後A君とは会えてない状態です。

A君と出来たことは一生忘れません。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。