SM調教

【ゲイ】学校の同級生の尿道を拡張してみた結果・・・・

広がる尿道

カクテル用のガラスでできたマドラーや太めの綿棒は、いつも持ち歩くようにしている。

同じクラスのミキオのペニスに差し込むためだ。

チラリとこっちを見てくるときは、差して欲しいと思っているとき。変態ミキオは、オレからの刺激を待ち望んでいる状態だ。

いつからこうなったのか?

高校の入学式の後、校庭のベンチでひとり座っているミキオを見つけた。

スマホを触るでもなく、誰かを待っている感じでもない。

ただ、ときおり妙な動きをした。

ズボンの上から自分の股間を触っているのだ。

最初は手のひらで覆うようにして擦り、そのうち人差指で一点を押すような仕草を見せた。

「感じるのか?それって。」

そっと真後ろに近寄って声をかけた。

びっくりして立ち上がり振り返る。

股間はテント状に張り出していて、間違いなくオナニーに耽っていたことを自分で証明していた。

「お前、同じクラスのミキオだろ?」

「・・うん。リクくんだよね?」

「あれ、オレの名前知ってるのか。」

「そりゃ知ってるよ、、」

そのあとの言葉は飲み込んで言わなかった。

何か言いたいことがあっても、ずっとこの調子で自分の中に抑え込んできたタイプなんだろう。

イケると思った。

オレは前からこういうオモチャが欲しかったのだ。

責めれば簡単に反応して、次を待ち焦がれるような、真性マゾ奴隷。

しかも男なら最高だ。

「来いよ。」

「え、どこへ?」

「ついて来ればいいんだよっ」

「・・はい。」

もうこのやり取りだけで、顔がイッてしまっている。

どMなのは間違いなさそうだ。

トイレの個室に連れ込んで、ズボンを脱がせた。

「は、恥ずかしいよぉぉ~」

「あ?じゃあなんで脱いだんだ?」

「だって、脱げっていうから・・」

「オレの命令ならなんでも聞くっていうのか?」

「・・・。」

また答えない。

その代わりに股間が勃起している。

ブリーフをヒザまで下げてやった。

凄い巨根だ。

まずはペニスリングをハメたいと思ったが、急で持っていない。

代わりに個室にぶら下げてあったプレートのひもを引きちぎり、それをペニスの根元に縛りつけた。

「うああっ、こんなことしたら、」

「なんだよ?」

「充血がそのままに、勃起したままになっちゃうよぉ、」

「それ狙いなんだけど。」

「ええっ!?」

「なんだよ、好きなんだろ、こういうの?」

「・・・。」

また黙った。

今度は許さないと思って、縛ったペニスをタマごと蹴り上げてやった。

「いやああぁぁぁっ、」

その場にうずくまるミキオ、すぐに腕をつかんで立ち上がらせた。

勃起はもっと激しくなり、真っ赤に充血していた。

「見てみろよ、お前のチンポ。こんなにブサイクな勃起の仕方してるじゃねぇか。」

「うぅぅぅ、」

「好きだっていえよ、チンポを弄られたいっていえよっ」

「・・・チ、チンポ、」

「ん、声が小さいよっ」

「チンポ好きですぅぅ、チンポをイジられるのが、たまらなく好きぃぃっ」

「どうしてもらいたいんだ?変態。」

「うああっ、チンポを・・好きなようにしてくださいぃ。踏んでも蹴ってもかまいません、、」

「なんだ?」

「いいえ、踏んでくださいっ、蹴って欲しいんですうぅ、」

その日の放課後、オレの家へミキオを連れ帰った。

部屋で全裸にしてやった。

期待していたのか、すでにフル勃起だ。

綿棒を2本用意して、尿道に突き差した。

「うわああぁぁぁっ、」

「なんだよ、うるせぇな。親が気づくだろうがっ!」

「ごめかなさい、ごめんなさいぃ、」

2本を交互に出し入れしたり、大きく広げて尿道を壊してやった。

そのたびにのけ反って悦んでいる。

「もっとぉぉ、もっとしてぇぇぇ~っ、してくださいぃぃぃぃっ」

綿棒を全部押し込んでやった。

「いぎいぃぃぃぃぃっっっ」

「ほぅら、もう指で持ってないぞ。見てみろよ、お前のチンポの中に2本の綿棒が入っちまったよっ」

「ああああっ!」

「さぁどうする?どうやって出す?」

「どうしよ、どうしよぉぉ、」

動揺している様子がたまらなくいい。

本当にどうしたらいいか分からないようだ。

「バカだなお前、そんなの射精すれば出るに決まってるじゃん。」

「えっ、それで出るの?」

「やってみろよ、見ててやるからさ。」

「う、うん・・」

なぜか大きく股を開いて、勃起をオレに見せ付けるようにして、ミキオはペニスをシコり始めた。

「ふわぁ、いい、感じるぅ~、」

「なに言ってんだお前?」

「だって、中に入ってる綿棒に擦れるんだもんっ」

「バカッ、変態っ」

「うわぁ、ふわあああぁぁっっ、いいっ、イイッ、」

すごい勃起になってきた。

すでに先っぽから、透明の液が噴き出して、綿棒の一端が見え隠れしている。

たまらずオレも手を添えた。

ふたりでペニスを激しく擦り上げていく。

ミキオの表情がうつろになっていく、口からヨダレが垂れてきた。

「も、もうらめぇ、イグイグ、いっぐううぅぅぅぅ~っ」

ドプッと白い液が湧き出た。

その勢いで2本の綿棒が同時に顔を出し、次の射精とともに空中へ放り出されてきた。

もうミキオは白目で、腰がガクガク痙攣している。

射精が棲んでも、オレは手を離さずシコり続けてやった。

もう何もしゃべらなくなっていたが、チンポだけは反応している。

ブシュッ!と透明の液が飛び散って、あとは止めどなく垂れ流しに。

部屋中がミキオのニオイでいっぱいになったが、オレはそれを望んでいた。

このままここで、ミキオを飼えないか?

そんなことまで真剣に考えるようになっていた。

COMMENT

Your email address will not be published.

体験談の著作権は当サイトにあります。