リーマン

【ゲイ】デブ専社長と中出し枕営業しているリーマン

体重三桁のデブリーマン

私は45才の三桁デブのサラリーマンです。

ある事をきっかけにして上得意の社長さんと、1年位取引をさせてもらっています。

何度もと言うか飲みに連れてってもらったり、おねえちゃんがエッチなサービスをしてくれるお店にも連れてってもらい、抜いてもらうのを見られてました。

そんなある日、社長の発注ミスが原因で、約束の納品時間に半日遅れてしまい、怒らせてしまいました。私が悪い訳ではないが、そんな事も言えず、謝りに夕方近くに行きました。

バタバタしたが、特に損失は無いがかなり激怒していて小一時間程怒られ、社長が落ち着きだした頃に、コーヒーを出してくれた。

「さっき自分の出来る事なら何でもするって言ったよな?ちょっと付き合え」と言われ、会社へは直帰の連絡をして、社長の車に乗り付いて行くと、急激な眠気に襲われた。頭もボッーとしていて、何処に連れて来られたかも分からず車から降りて、何処かの部屋に入った。

社長が「ホテルに着いたぞ!まだ効いてるな(笑)」と言って、器用に私を裸にしてベットの四角に手足を固定して、大の字に寝かされてしまった。

「俺はデブ男が好きで、随分この日を待ってたんだよ(ニヤリ)」

社長は私の体をフェザータッチで触り始め、女を抱くかのように、無理矢理キスしたり胸を揉んできた。

「もう薬も切れる頃だから、楽しみだな」

確かに眠気も治まり、意識もハッキリとしてきた。社長を見ると服を脱いで裸になっいる。しかも勃起していて、太くないが長い!

「お前の裸見て、お前を抱けると思っただけでビンビンだそ!」

社長は私の腹にチンコを押し付けながら、首筋から胸に舌を這わせ、肉の感触を楽しみながら、愛撫をしてチンコまで舐められてしまった。さすがに男とはいえ、胸やチンコを舐められては、体が反応してしまって勃起した。

更に社長はアナルまで舐め、ローションを垂らすと、指を突っ込んでくる。チンコを舐められながら、アナルに指を突っ込まれて、感じてしまいました。

そんな状態で顔にチンコを押し付け、「覚悟決めて楽しめ!気持ち良くしてやるから」と言われ、ペロペロとチンコを舐めてしまった。

興奮して我慢出来なくなった社長は、容赦なくアナルにチンコを挿入し始めた。痛みに呻き声と顔を歪めると、「最初だけ我慢しろ!」と、完全に全部入れた。

社長は嬉しそうに腰を振りだし、私が痛みになれてくると、手足を自由にして更に激しくする。それと同時に私は声が出て、更には喘ぎ声を出し始めると、「お前最高だ!ケツマンコも最高だ!」と言って、「もう限界だから中に出すからな!」と中で果てた。

この後はいつもの優しい社長プラスエロい社長が、一緒に風呂に入りながら口で抜いてくれたり、体力の続く限界の三回も抱かれてしまいました。

あの日以来、定期的に呼び出され枕営業をし、序でに性欲も満たされるようになりました。

今では出張と言って、社長の友達と温泉旅行に行き、3~4人に朝まで口とケツマンコにチンコを咥え、営業成績も上がり、良い思いをしています。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。