ノンケ

【ゲイ】ジャニ系学生さん、キモ男に縛られレイプされた結果

汚いデブ男に・・・

僕は学校帰りに公園のベンチでポータブルゲームするのが日課だった。

家でゲームすると勉強しろと親に怒られるから。

その日は両親は帰らないから自由だった。

いい感じに乗ってた時に、急に後ろからハンカチを当てられた。

気づいた時にはどこかの部屋だった。

うつ伏せで全裸だった。

手は縛られていて…逃げられそうになかった。

「やっと起きたか、イケメンくん」

出てきた男はぶさいくで…デブで…とにかく気持ち悪い男だった。

「いやーこの前引っ越してきてから、抱きてぇなって思ってたんだよ」

そう言いながらパンツを下ろし始めた。

「….え?」 

「勃ってんだろ?お前のせいだよ」

「そのまま仰向けになれ」 

「….はい」

逆らうのが怖くて素直に仰向けになった。

急にお尻を向けて顔に押し付けてきた。

重くて汚くて臭かった。

ブゥ~~~~~

「~~~~!!!!」

強烈に臭いオナラをされて少し涙が出た。

「屁で良い反応だな、やっぱ帰せねぇな」

急に乳首を舐めてきた。

「やめ…て」逃げようとしたらキスされた。

舌が歯を舐めてきて気持ち悪かった。

「やめるわけないだろ、イケメンくん」

チンコも舐め始めた。

「やだぁ…」

僕は学校でよくKis-My-Ft2の藤ヶ谷くんに似てるってモテていたから、まさかこんな目に合うとは思わなかった。

「かわいいな、本当にタイプだ」

右手は乳首をつねって左手でチンコを扱いて….僕も変な気分になっていた。

すると男は身体中を舐めてきた。

足先から舌を這わせていた。脇に指、背中、耳から顎、鼻穴を舐めた時は臭くて吐きそうになった。

「勃ってきたな」気づかないうちに勃起していた。

男に四つん這いにされた。

恥ずかしかった。

「全部丸見えだぞ、俺もだがチンコ大きいなw」

お尻の割れ目を裂けそうな程広げてくる。

「あぁっ….」アナルに男の舌が這い回る。

少しだけ気持ちよくなっていた。

「挿れて欲しいか?イケメンくん」

「…はい…」早く帰りたかったから従った。

「ケツマンコだろ?ちゃんと言うんだ」

「….ケツに挿れて下さい…」

「ケツマンコだろ?」尻を叩いてきた。

「…ケツマンコに挿れて下さい…」

「最初からそう言うんだよ」

またお尻を叩かれチンコを入れられた。

「暖かくて気持ちいーなー」

「やだあ….ああッ!!!!」

ずっと喘ぎっぱなしだった。

「これじゃ顔よく見えないか」

足を広げられた。まだ地獄は終わらなかった。

ボールペンでチンコを叩かれたり。

「もっと俺で汚れろ」

そう言って唾を吐きかけてきた。目にも吐かれた。

「俺のものだ一つになるぞ、くそビッチ!」そう叫んで果てた。互いの精子が床で混ざっていた。

「家に帰して、許して下さい….」必死で懇願した。

「じゃあそのまま正座してろ」

男のチンコからおしっこが出た。

頭から口、チンコにかかった。

放心した僕はまたハンカチを当てられた。

気づいた時には公園のベンチだった。

僕はノーパンのまま必死に走って帰った。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。