初体験 童貞

【ゲイ】ジャニ系イケメン同級生に恋してしまった厨房君の末路

きっとノンケだけど・・・

僕は中学2年生のゲイです。

先日、好きな人ができてしまいました。

名前はタイシ、ジャニ系のイケメンでめちゃくちゃ可愛い天然くんです。

中1の頃は同じクラスだったのですが、自分をゲイと自覚しておらずあまり仲良くしていませんでした。

しかし、別のクラスになってからタイシへの好意に気づき、めちゃくちゃ大好きになってしまいました。

しかし彼がゲイであるはずありません、

毎日鬱憤とした想いを抱えて過ごしていました。

だけど僕は毎日ほとんど接点がないタイシと話すようにこころがけていました。

しかしある日、下校中にタイシと話していると、「オレ、男だけど○◯のこと好きになちゃった」と言われました。

その時の興奮はやばかったです。嬉しくて、「僕も大好きだよ」と返してしまいました。

そして、誰にも秘密ということを約束に、二人は付き合うことになりました!

次の日の放課後、タイシの家で遊ぶことになりました。

会ったあと、タイシの可愛い天然のお陰で気まずいことはありませんでした。

話が一区切りつくと、タイシはかわいいお目々で僕の目を見つめてきました。

僕は堪らず、抱きしめてしまいました。危うくキスをする寸前で、事の重大さに気づきストップしました。

ごめんねと何回も謝りましたが、「オレもしたかった」と言われて逆に覆いかぶさられました。

しかしそこまでいったのに、タイシは勇気が出ずできませんでした。

だから起き上がって「イチャイチャしよっ!」と言うとニコッとしてはにかみ、ファーストキスを交わしました

タイシの分厚い唇が僕の唇と重なり合って、初めてにしては濃厚なチューでした。ブチュッ ムチュッと音が響き渡っていました。

お互いの体を触り合っていたら、あたりが暗くなっていたので、家に帰りました。

帰る前にタイシはめちゃくちゃ可愛い笑顔を見せて、「だいすき」と言いました。

一週間後、タイシとエッチしたいなあと早すぎる密かな期待を胸にタイシの家に向かいました。

家に入るなりのタイシは大胆に抱きついてきて、熱くディープキスを交わしました。

制服を脱いでいなかったので、制服同士で身体を弄り合いました。タイシのエッチでプリップリなお尻もたくさん触りました。

するとタイシは堪らなくなったのか「○○とセックスしたい」と恥ずかしそうに言いました。

「僕もしたい」というと嬉しそうに抱きついて服を脱がしてくれました。

まずはお互いに体を舐め回しました。

「アンッウンッ」と可愛い喘ぎ声を出していました。

10分くらいすると、タイシは突然立ち上がり、お尻を顔に突き出してきました。

プリップリッと言いながら腰を振って迫ってくるいやらしいタイシはセクシーで最高でした。

僕の顔に座るような姿勢になって、タイシのおしりの穴を舐め回していると、タイシは「ブッ」とおならを出してしまいました。

ごめん!といい、申し訳なさそうなタイシに「そんなタイシも可愛いよ」というと、また座ってアナルを舐めました。

今度はおならも我慢せず、う〜んと言いながらたくさんブーっと出してくれました。

制服のスラックスからも出してくれました。

「そろそろ入れて」とタイシがお尻を突き出して言うと、僕は穴にローションをたっぷりつけて、チンコを入れました。

いつもタイシがおならやウンコをする場所に入れました。

僕の腰がタイシの大きなおしりに当たる音がします。

どんどん高速になっていって、「イクっ」となったときの声は最高でした。

僕はタイシとセックスをしました。ラブラブでした。

終わった後もお互いの体やチンコ、おしりをを舐め回しながらテレビを見ました。

明日はそれから1週間後です。どんなことができるでしょうか

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。