ガチムチ スリ筋

【ゲイ】ゴリマッチョさん、ドS彼女にアナル開発された結果wwww

ラグビー部の処理穴マッチョ

精子の味に興味持ったのは中学の頃だったす。

普通のエロ漫画読んでたらミルクとか書いてたから、甘いのかな?って思ったから、オナニーして皿に精子出して、口に全部垂らしてみたらしょっぱ苦い!

おえっ!ってなったけど、垂らした勢いで飲んじゃった。

部で苦かった話したら、皆んなが引いた目してたから飲んだのは黙ってて舐めたって事にしたす。ラグビー部だったから、エロには真剣な野郎どもの集まりだから他にもいたけどね。だからそれ以来は、試合とかでミスした奴は公開オナニーと精子舐めの罰が出来たす。

大学までずっとゴリゴリの体育会ラグビー部だったんすけど、こういう男ばっかで野郎臭い部だと、彼女が性格キツイ人が多いんすよ。

部活でしごかれてばっかだから、彼女にもしごきじゃないけど、そういう要素を求めちゃうんすよ。自分もそれです。

当時は180.80でバッキバキで彼女作ってはやりまくりで、正直やれれば多少ブスでも手を出してたす。でも可愛いけど性格のキツい子と付き合ってからはドM一直線す。

彼女より先にイったらダメ、シャワー浴びる前の体でも全身舐める、俺がイきそうになったら彼女の許可をとること、オナニーはしないこと等のルールがたくさんあったす。

シャワー浴びる前のクンニとかは全然ご褒美なんすけど、オナニー禁止とイクの我慢がキツかったす。オナニーは我慢出来るすけど、我慢してセックスすると1発目は我慢きかないす。

で、彼女をイかせる前にイクイク!ってアヘ顔しちゃうす。

呆気なく1発目をゴムの中に出したら、ゴムの中身を俺の顔に垂らされたす。罰として顔射ねって笑いながら。その顔見るとゾクゾクしちゃうんすけど、一応男として反抗はする。

でも、やれ!って言われるとやらなきゃと思うのが体育会なんで舐めたす。溜まってた精子だったせいか、中学の時に飲んだ時より苦く無かった気がしたす。感想聞かれてそのまま答えたら、自分の精子飲む変態なんだぁ、精子舐めながら勃起してるもんねって馬鹿にされたす。

体育会ラグビー部が1発で萎える訳がないだけなんすけど、お前が変態だから勃起してるんだって何回も言われたす。

彼女とセックスすると毎回そんな感じで虐められるんすけど、射精を我慢出来なかった罰で俺のケツいじられたす。

俺が出したばっかりのゴムの中の精子をローション代わりにして。最初は彼女の指で、次はマングリ返しの体勢で自分の指でいじらされたす。俺が自分のケツに指入れてると彼女が指にゴムの中の精子を垂らしてくるから自分のケツに精子入れながら顔にも垂れてくる状態す。

指を2本入れたら痛くて無理!って言ったら、我慢しろ!って怒られたす。我慢しろって言われたら我慢しなきゃならないし、女の子に我慢しろって言われると興奮するす。

その日は3本で終わったけど、すぐ本数も増やされたし広げたり抜き差しもさせられたす。そうやって完全に支配されたせいで、自分でチンコのディルド買わされたす。そのディルドで俺が彼女をピストンする様に出し入れされたす。2回目からはピストンされながらオナニーするのが当たり前になったす。この頃だと自分でも俺は変態なんだから仕方ないって思ってたす。

で、狂った俺は自分でペニバン買って、彼女に報告したす。どうしたいの?って見下した感じで聞かれたんで、興奮が止まらなくて、ケツに入れてください!ってお願いしたす。

自分からどんどん自分を追い込んで、我慢させられてる感じが部活みたいで興奮しっぱなしっす。結局彼女に捨てられるまでの2年間ケツ掘られまくったす。

最初の方は彼女も慣れてなくて短時間だったすけど、後半は2時間位はずっと掘られたす。ペニバンで掘られながらディルド入れられたりもしたす。

毎回キツいんすけど、出来んのか?出来ないならやめるか?とか追い込まれると、出来ます!やらせて下さい!とか言っちゃうす。

そうやってケツがガバガバにされたす。別れる前の3ヶ月はもう奴隷状態す。彼女が連れて来たゲイの人を彼女が見てる前で掘ったり、掘られたり。俺を使わせる料金は知らないすけど、金取ってやらされてました。

部ではきっちり練習出て、後輩出来てからは指導とかも厳しくしてたすけど、彼女と別れてからは周りの奴らのチンコが気になるようになったす。

でも、流石に部内はまずいと思って我慢してたすけど、同期3人にケツ使えるのが飲み会でバレてからは、こっそり処理穴にされたす。

俺はケツ掘られるだけでイけるまでになってたんで、奴らに掘られるたびに射精したす。寮の俺の部屋だったり、部室、教場、トイレ、屋上、駐車場、プール、食堂、風呂場とかあらゆる場所でやったす。

1番ヤバかったのは合宿所の玄関でやった時すね。みんなは部屋の中にいるし、外から来る人はいないすけど、いつ部屋から出てくるか分かんねえんで、バレたらどうしようって興奮が半端なかったす。同期に使われ出したのが三回生の後半だったんすけ
ど、4回生にあがってから新入部員が1人追加になったす。

俺の高校の後輩す。こいつに俺の秘密をバラす事で俺が絶対逆らえない環境にされたす。しかも後輩と俺が同じ部屋になるように仕組まれたから、部屋にいる時はいつも誰かに掘られたり舐めたりさせられてたす。

風呂場とか以外でやるときはケツに唾吐きつけて掘られてたんすけど、後輩来てからは、自分でオナニーして出した精子で自分のケツに塗り込んで広げさせられる様になったす。

オナニーしながら後輩のチンコしゃぶるのは惨めだけど、やれって命令されてるから仕方ないって自分で自分に言い聞かせたす。

最後の大会も引き継ぎも終わったから、ホテルでやる事になったす。いつもと違って派手に出来るから、パンパン!ってデカイ音だしながら突かれたり、音出して舐めろって言われてジュルジュル舐めたり散々しました。

最後は同期2人で2本差しされて、2人が俺に種付けしたら今度は同期と後輩の2人が2本差し。ケツぶっ壊れたと思ったすけど、後輩と同期に掘られてる時にホテルで売ってるバイブ足してきたす!しかもいきなりガポッて中まで!

入れられて俺は激痛すけど、入れてる2人はバイブの振動が気持ちいい!っめ言って腰振るから余計キツい!

初めて泣き入れてしまったす。でも止めてくれる訳もなく、4人で変わるがわる2本差しの組み合わせ変えて掘られ続けたす。

チンコ抜かれるとバイブの振動で俺の前立腺が刺激されるからおれも何発も射精したんすけど、射精すると余計辛いんす。

萎えるまでやるからな!って髪掴んで顔に唾吐かれながら言われたんけど、もう抵抗出来る体力はゼロだったんで、朝まで使われたす。

精子臭えからって俺だけ風呂場で寝たす。

俺は爆睡してたんすけど、小便シャワーで起こされたす。小便シャワーされたんで、まだ何かされると思ったら皆んな普通のテンションになってるす。だから俺がシャワー浴びて出てきたら、帰るかーって。

後輩も荷物持ってくれるし、普通の部活仲間に戻ったす。

この日を最後に処理穴として使われなくなったす。今までのことが無かったの
かのように。

正直、ケツのダメージが半端なかったから、しばらくは助かったと思ってたけど、ケツが治ってからは1人で悶々として、悶々としたまま卒業したす。

で、昨日後輩から、「週末やらないすか?自分オナニーするの好きじゃないんすよね」ってラインが来たんす。

処理穴にされてたのとは違う、自分から処理穴になりにいくのには抵抗があるんす。

でも、またあの2本差しとバイブの3本差しの様な体験が出来るかもしれないと思うと迷ってるす。

迷いながらも勃起して我慢汁出まくってるから、答えは出てるかもしれないすけど。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。