男の娘 女装子

【ゲイ】三連結!童貞君のケツ穴にトコロテンした女装子さんwwww

童貞君には刺激が強すぎるかも

今日は、金曜日。朝からずっとムラムラしてたので、夜早めに風呂に入り、念入りに無駄毛を処理。もちろん、V、I、Oラインは、ツルツルにし、脇もきれいに。

風呂から出てナチュラルメイクをして、アナルにローションとエネマを挿入。虫除けもたっぷりかけてる。ハッテン中に蚊に邪魔されたくないし。

それからここで、尿道に貫通タイプのプラグを差し込み輪っかをカリに装置し、透明ビニールで出来たビキニショーツを着る。

つぎは、胸だ。乳首のピアスを外し、トゲトゲの乳首リングを装置し、ピアスを止めをチェーン付きのU字型の物に変える。そして、ピアス受けをストレッチャーに交換。ピンピンに引き延ばされる乳首。クリアのハードカップで出来たブラを装置。すると、ハードカップにより、何物にも邪魔されないピアスのチェーンが動く度に乳首を撫でまわす。

そんなエロい姿の上は薄めの水色のブラウスと黒いミディアムロングのタイトスカートに黒いストッキングを身につけ、ミディアムロングのウイッグを付ける。マスクをして、ジャケットを羽織り、通勤鞄にゴム一箱とアナル用ローション、化粧品とスマホ、女装の時に持つ財布、また隠しポケットに非常用のお金を入れ、オカマ詐欺駅の付近からオーノー公園へ疲れたOL風にトボトボと歩く。

公園のベンチの近くの自販機で飲物を買い、ベンチにへたり込む。しばらく休憩のふりをして、周囲をウイッグの隙間から確認。

そして、こちらを何気にみている女性。いやよくみると、雰囲気から女装子さんかな。顔をあげて、こちらも何気なふりをして、みるとその女装子さんが近づいてくる。

「大丈夫ですか?」と声をかけられ、女装子と認識。なにげに話しかけられた。お仲間とお会い出来るなんて、ここの公園ではじめてだと。私も気付いてなかっただけかもしれないけど、はじめてですと。

そして、二人で少し公園を散歩していると、3人組の男性に声をかけられました。もう1人の女装子さんが、時々ここで合う男性たちだと教えてくれた。

その女装子さんは、うち、1人の男性とちょっとハッテンしてきま~すと、移動していき、私は2人の男性と残された。

1人なら、最悪殴って逃げることも出来そうだが、2人は・・・ともおもったりしていると、ごく普通の流れから、ハッテン方向に。

1人は、童貞で今日が、デビューなのだとか。聞けばまだ、純女ともしたことがないらしい。

いきなり、こっちの世界知って戻れなくなっても知らないぞと思いながら、3人で多目的トイレにはいった。

「おれは、観とくだけでいいから、こいつの童貞もらってやって」といわれ、とりあえず、キスしてみたいか聞いてみた。

目を輝かせながらうなずくので、首に腕をまわし、唇にキス。相手は、私より少し背が低いため、身体を動かしながら段々ディープに。

その間に動く度に乳首のチェーンが、撫でまわしクリチンポはビンビンに。そうなると尿道に入ったプラグを硬く締め付け、私のクリチンポは痛いほど。力が入るとエネマが、前立腺を撫でまわし、理性は吹き飛ぶ。

思わずしゃがんで、ズボンから童貞君の珍宝をパクリ!数回口を動かし、上下したらお口の中に苦しょっぱいミルクが飛び出してきた。

中身を吸い出し、口を外すと、もう1人に「え、もう終わり?」といわれた。私は、口の中をそいつに見せると、「わ!濃いのでてるわ」と。童貞君にも見せてからゴクッとのんであげたの。

すると童貞君、今度はお姉さんのも舐めてみたいって言ってきた。お姉さんの裸、童貞君には、刺激強すぎるよって、言うと、童貞君、胸をさわってきた。すると、不思議そうな顔をする。

「硬い、ブラ?」ときいてきたので、「みたかったら、ブラウスのボタンはずしてみたら?」とさそい、ジャケットを脱いだ。

オホモダチ?が見守るなか、童貞君がブラウスのボタンを外すと、2人して、スゴ!と。

透明なカップの内側に引き伸ばされ、トゲトゲのリングと先には、ピアスから垂れ下がる小さなチェーンが乳首をサワサワしている光景。

次にスカートの中もみたいって、言ってきたので、脱がせてって、言ったら、童貞君、スカートのホックを外し脱がせきたの。

そしたら、2人して目がランランに輝きながら、パイパンになって2人にお尻を向けると今度はアナルから生えた2本のひげとその真ん中でアナルに深く突き刺さるエネマ。

2人ともガン見。恥ずかしいけど、童貞君に刺さってる物抜いてくれないと、ここで終わるよって、言ったら、ビキニショーツを脱がせてくれて、2人にマジマジとガン見されながら、抜かれる尿道プラグ。

最初は、プラグのコブが引っかかって抜きにくかっだたいだけど抜き終わると、こんなの中に入ってたんだ!とうれしそうに言って、お尻のも抜いてくれた。

2人が立ち上がったので、もう1人の珍宝もフェラ。

そして、後ろから童貞君が私のケツマンにローションを塗って入れてきた。もう1人のをお口でしながら後ろから童貞君。もう卒検中だけど。

そしたら、ものの数秒で中出し。まあ、童貞君だったので、生でさせてあげたけど、いつもは、セーフでしてるのね。ポジ系には、まだ手をだしたくないから。

次に見事卒業した童貞君のお尻にローションまみれの指で前立腺をトントンなでなで、したら腰がくだけそうな感じに。

もう1人が、私に入れたいって思ってるのは明らかだけど、とりあえず童貞君のお尻に挿入。前立腺を擦る様にゆっくりと後ろからピストンしながら、乳首を指の腹でサワサワしてあげた。

そうしてると、後ろからもう1人に入れられちゃった!私、三連はじめて。しかも真ん中!

もう、意識飛ぶほど気持ちよくて、思わず童貞君にトコロテンしちゃった。

そこから、私、マジで腰つかってたら、童貞君言葉にならないなんかを言って放尿(潮?)もう私もわけわかんなくなってきて、童貞君の中に出したいって思ってて。

そうしてると、後ろの童貞君のオホモダチが、私の中に発射。私、思わず一瞬動きを止めて中に出される感覚をたのしんだの。

で、つい尿道を閉めるように力が入ってしまい、二回目のトコロテン。

そして、しばらく童貞君のお尻でピストンして、半分ヘロヘロの童貞君のお口でイっちゃった。もう、わけわかんない、気持ちよさ。今思い出しただけでもイっちゃいそうな感じに。

その後、服装を整えて隣駅近くのホテルに行くことにしちゃった。

その後の話は、また機会があれば。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。