レイプ

【ゲイ】拉致られてトイレに全裸放置←自作自演でやってみた結果

リアルを求めて

当時21歳の時の話です。

僕はレイプ願望、男に犯されたい願望があり、でも実際そんな機会なんて無くてプレイじゃスリルも無いしと思って毎日ウズウズしていました。

そこで考えたのが自作自演と言う方法でした。

まずは拘束具を色々揃えました。僕は拘束されて犯されたくて、届いた道具を見てゾクゾクしました。

次に裸になり手枷を後手に着け、口枷を着け、三脚とタイマーを使い撮影しました。

それからSNSの裏垢を作り、写真を貼り「拉致った子を深夜1時に○○公園のトイレの個室に放置するから好きに使ってくれ。終わったら写真貼ってくれ」とコメントを入れてリンクを貼りました。

30分前にトイレに着き、服を脱ぎ、口枷と目隠しを着け、手枷を洋式便器の配管に通して四つん這いに近い格好になり、少し怖い気持ちもありましたがドキドキしながら時間が来るのを待ちました。

しばらくすると複数の足音が聞こえてきて、僕のドキドキは最高潮になりましたが、諭られないように必死に悲しい事を思い出していました。

「ここだよな」の声のあとに個室の扉が開き「いた、本当にいたぞ」と聞こえてきました。

僕は抵抗するように身体をよじりましたが、「さっさとやろうぜ」の言葉のあとにお尻に入ってくる感触がありました。

それまで自分の指やおもちゃしか経験の無かったお尻に本物が入り込んだ時は正直痛みしかありませんでしたが、「ああ、犯されてる」と思うと痛みすら嬉しさでした。

3人に犯された後もそのままでいると、少ししてまた違う男たちが2人来ました。

「なんだよ先客がいたのかよ」と言われて手枷を外されて後手に着けなおされ、便座に座った男の上に乗る形で入れられてました。

それから口枷外されたんですが、前もって考えた通りに「やめて許してぇ〜」って叫ぶと殴られて無理矢理口に押し込まれました。

息ができなく胃液吐きそうになりながらも、これが求めていたものだと思い僕は勃起していました。

「勃たせてこんなことされたかったんだろ?自作自演までして。お前が1人で入る所から見てたからな。」と言われて全てバレていた事に恥ずかしさに襲われましたが、もう興奮は止まりませんでした。

意識朦朧となるまで犯されて、お尻や喉の奥や身体にまでかけられて、終わった頃には動けませんでした。

それでもレイプ願望が叶い心は満たされていました。

それからしばらくの間は二人組に脅されて同じ事を繰り返ししました。

脅されるなんて酷いけど、それすら喜びになっていました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。