レイプ

【ゲイ】訳ありで息子が暴力団員の性処理に使われます・・・・・・・

やって来た顧問弁護士

夏休み初日でした。

高1で16歳の長男が男同士でSEXすることになりました。

事の発端は長男が部活(吹奏楽)に向かうため朝6時半くらいに自宅近くの路上に出てすぐに誤って黒塗りの高級車であるベンツに軽く接触みたいな感じに当ててしまったそうです。

車には傷とか入ってないみたいなので長男はそのまま自転車で走り去ってしまったそうです。

その日の午後14時半、帰宅した長男は自宅に自転車を止めようとしているときに、顧問弁護士という男の人が尋ねてきたそうです。

長男が軽く接触した車の相手は会社社長を名乗っていましたが、誰でもわかるほどのような恐い風体の若手数十名を引き連れて家の外にいたため暴力団関係の人間であることはすぐにわかりました。

経緯からしても到底逆らえそうもない状況であることがわかりました。相手側の要求は紙に書かれていて『示談にカネは必要無い。長い時間やらせろ』と言う事でした。

顧問弁護士って言う男の人が居る前で長男は男のひとに連絡を取ることになり、話し合いの結果、長男はその男の人と場所を決めて会うことになり、翌日、長男は部活を休むことになってしまいました。

長男は制服姿で人目がつかないある場所で男を待つことになり、約束の時間より10分程早く到着し、数分後にはもう長男の姿はありませんでした。

長男の待ち合わせの時間は朝6時くらいで、帰りは未定でした。帰りは自宅前まで男がクルマで送って返してくれる事になっていました。私にとって長男が帰ってくるまではまさに地獄のようでした。

深夜2時を少し越えた頃、長男は元気なく疲れた表情で家の扉をあけて帰ってきて、そのままお風呂に行きました。

お風呂上がり長男から話を聞くと、男と会ったあと車に乗ってホテル街の一軒に入って行ったそうです。ホテルのロビーの外で待っていた男のひと達30~40人と一緒にすぐチェックインとなったそうです。

貸切の広い部屋に入ってすぐに長男は制服を脱いで裸になるように命令されたそうです。

長男は裸になると、写真をたくさん撮られたあと、いざ本番になったそうです。最初は冷たい大理石の床の上で大の事になって寝かされ、正常位で数時間に渡って1人15発ずつ抱かれたそうです。

ベッドの上に移動したときには四つん這いの状態にされて、今度は一人20発と多く、休むまもなくひたすら抱かれたそうです。バルコニーに出てたとき立ちバックの状態からのSEXをさせられたそうです。ホテル下は道路があり商店街も近くにある場所なので途中から歩行者にも発見され、部屋に戻るまで下から見られていたそうです。

長男が一番辛かったのが「腰の動きに合わせて一番大きな喘ぎ声を上げ続けろ」と言われたことや連続で射精をさせられたことだったらしいです。フィニッシュは中に出されたり口の中に出されたりとか、体中に付着するほど出されたそうです。

その後も長男は部活おわりとか部活がない日は男達に呼び出されたりして現在も男同士の性処理関係が続いています。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。