リーマン

【ゲイ】会社の熟年上司と2人で出張に行かされた末路・・・・

憧れの上司

オレのアナルを支配するのは、7歳年上 上司の大野さん。

初めて一緒に仕事をしたのはもう13年前にもなる。

2人で東京出向になり、2年間を一緒に過ごしたが、その時はなんとも思ってなかった。

その後お互いに異動を繰り返し、昨年から同じ部署。今はペアを組み、毎週出2人で出張に出向いている。

大野さんを気になり始めたのは、昨年の春ごろ。

ZIPで山下健二郎さんがダンスをしていた。笑顔で踊り、汗を滴らせる姿を見て、オレは勃起。

出勤前にヌイておこうと、健二郎さんに抱かれる妄想をしていると、何故だか大野さんの顔に変わり、オレは抱かれているのだ。

大野さんがオレの尻に、逞しい男根を押し付けてくる。男らしく優しい眼差し、そして小麦色に焼けた横顔に、爽やかな匂いがするようで勃起させる。

出張に行くと1日中歩く。

三万歩を超える時もあり、真っ黒に日焼け。

歩いている大野さんが黒くてカッコイイ。半袖でのシャツからでている二の腕がムチムチで太くて、筋肉質で逞しく、健二郎さんみたいだ。

電車で吊革を持つ大野さんの腕を見てしまう。

日焼けした筋肉が盛り上がり、脇の下には汗染みが広がっている。運が良ければ腋毛まで見えてしまう。

尋常じゃない汗もかく。

夕方前にはTシャツが塩を吹き、背中が白くなることもしばしば。けれども大野さんの体は爽やかな香りがする。

若い体育教師の匂いだ。ずっと見とれてしまうのだ。

2泊で出張にでた2日目の朝、大野さんのコンタクトが破れたので、商談の前にメニコンに寄っていくことになった。

駅に着いたところで、大野さんが会社の携帯を部屋に忘れたことに気づいたが、ここから戻ると時間がなくなってしまうので、オレがカードキーを預かり、携帯を持って現地集合となった。

大野さんの部屋に入ると、枕元に携帯を発見。

部屋を出ようとすると、TVの前に昨日着ていたTシャツが畳んであった。オレは思わず匂いを嗅いだ…。

男の臭いがする。爽やかだが汗と脂の臭いだ。

脇はツーンとした酸っぱい臭い。脇の部分を舐めると、汗臭が鼻を突きしょっぱい。オレのチンポはすぐに膨張した。

現地集合になったのでまだ時間がある。

オレはTシャツの臭いを嗅ぎながら、夢中でシコリだした。

ふと我に返って、パンツや靴下がないかと探した。ゴミ箱の中にあった。

しかもゴミ箱の中にあったのはパンツだけでない。

丸まって湿ったティッシュの固まりが2つ。大野さんのザー汁ティッシュだ。

大野さんが昨日の夜も、今日の朝もオナッタのだ。

47歳なのに朝晩かよ!ザー汁ティッシュはまさしくイカ臭かった。

あの爽やかな大野さんが、こんな臭いザーメンを出すなんて、オレには信じられなかった。

パンツもまだ汗でジメジメとしていた。

ペニスを守る部分は伸び切っていたが、はっきりとザー汁が垂れた後があった。

汗の臭いに混じって、小便の臭いや蒸れた男の臭いがした。オレはザーメンティッシュとパンツの雄臭を嗅ぎながらイッてしまった。

もちろんパンツに靴下、ザー汁ティッシュはお持ち帰りだ。

そしてその日の夜、全ての商談が終わり夕飯を食おうとなった時に、『今日はホテルで部屋呑みしないか?』と誘われ、コンビニで酒やつまみを買い、大野さんの部屋で呑むことなった。

カラダがベタつくオレは、シャワーを浴びホテルのパジャマを着て部屋へ。

大野さんはそのままの汗ばんだTシャツを、肩まで袖をまくりあげた格好だった。

目の前には、大野さんのムチムチの腕、毛の生えた太くて長い指。

朝の出来事がフラッシュバックし、あの手があの指が大野さんの男根をシゴいているのだと思うと、オレは勃起しないようにするのが、精一杯だった。

3本目のビールを空けてた頃、いきなり大野さんが、『亮は男が好きなのか?』と聞いてきた。

ドキッとした。大野さんは気づいていたらしい、ずっとオレが見ていることを。

すれ違ったり隣を歩く時に、オレが深く匂いを嗅いでいたことも。

決定打は、オレが売専のボーイを呼んでいることを知っていたのだ。

そして今日、TVのTシャツの畳み方が変わっていたことに気づいた。

ホテルの人は触らないから、お前が嗅いだんだろうと…。

何よりも、今、オレは肩まで袖をまくる大野さんを見て勃起していたのだ。我慢していたはずなのだが…。

ここまできたらごまかしても仕方ないと思い、正直に言った。

自分が子供の頃より男が好きであったこと、中・高と体育教師が好きで、男と付き合っていたことも。

そして今は大野さんを好きになりそうだということを。Tシャツでオナったことも。

あぁこれでペア解消。っていうか、会社いけねぇ、クビだーと思った瞬間、『オレの匂い嗅ぐか?』と、まさかの一言。

呆然として固まったオレを、いきなり大野さんが抱きしめてきた。

黒くて太い腕が首に巻きつく。オレは大野さんの体に顔を押し付けてた。

巻きあげた袖から見える脇の下にも顔を埋めた。やっぱり脇は酸っぱいくて香ばしい汗臭だった。

『いっぱい嗅いでいいぞ』と、頭をぎゅっと抱いて押しつけてくれた。

大野さんは陸上の体育学生だったので、先輩のシゴキは当たり前だった。

しかもそれは性処理道具としもシゴかれたらしく、男とのエッチは日常茶判事だったりらしい。と、いうか、ゲイだったのだ。

今は結婚して高校生の娘が1人。娘が生まれてからは、男を断ち切っていたのだが、オレの性癖に気付いて再燃したらしい。

いつも汗だくになるのも、太い腕を見せつけるのも、今朝のティッシュも、オレを誘うために仕込んだことだったと白状した。

大野さんの肉体は素晴らしかった。

肩は隆々としており、50に近いのにうっすらと腹筋が割れている。

そして何よりも凄いのは上反りのチンポだ。

太く血管が浮かんでおり、ギュギュッ・ビンビンと上向きに剃り上がっているのだ。鼻を近づけると、むせ返るほどの臭いを発していた。

朝のザー汁・汗・小便が熟成されたのだろう。我慢汁もこぼれていた。

オレは竿から玉すじ、毛むくじゃらの球筋まで吸いつき舐め尽くした。

久しぶりに男に咥えられた上反りチンポは、口の中でビクンビクン跳ねた。

口の中で舌を這わすたび、粘膜で擦るたびに『ハァァァ』といやらしい声をだす。

ピンク色のかわいい乳首もなめると、ビクッとする。汗がしょっぱかった。

ケツの穴も舐めると、『アッー そこはダメだ』と可愛い声で言う。男の味だ。

今度は大野さんがオレの体を舐め回した。

オレは朝ヌイたはずなのにビンビンだ。

さらに大野さんが履いていたエンジ色のNBのスニーカーを渡された。足の臭いを嗅ぎながら責めてやると。

1日中履いて歩きまわった後のスニーカーは、湿っていた。

蒸れた草 夏の田んぼのような臭いがした。大興奮した。

大量に溢れたガマン汁を亀頭に塗りたくられ、尿道に舌を突っ込まれた。

バキュームのように吸われ、乳首も同時に責められ、ガマンの限界に達した。

『イッ イキソー イッ イッていい?』と言うと、チンポね根元をぎゅっと力いっぱい握られ、寸止めされた。それを繰り返された。

そしてアナルの番だ。

オレのケツの穴を舐め回した。

初めはペロペロと優しく。そして中をえぐるように、舌を突っみ、だんだんとジュルジュルとバキュームのように吸い上げてきた。

オレは洗ってないからからダメだ!と止めたにもかかわらず、指を1本、2本と入れてきた。

久々のアナルは痛かった。

オイルもゴムも持ってるなんて、どこまで確信犯なんだ!と、我に返りながらも、スニーカーの湿った臭いと、汗くさいTシャツの臭いを嗅いでいると、勃起はおさまらなかった。

最後は4本まで入るようになった。

そして上反りチンポを挿入してきた。

ゆっくりと優しくミシミシと裂けて音がするように感じた。

全部入ると、オレを抱きしめ、しばらくは動かずに慣らしてくれた。

汗ばんだ体が密着していた。オレは男の臭いを嗅ぎながら、オレの穴の中に、大野さんを感じていた。

お腹のなかがなんとも言えない支配された感じだった。

慣れると、ゆっくりと動きだした。初めはチンポの先を擦るように、小刻みに。

そしてだんだんと激しくなり、オレの体を容赦なく突き上げてきた。ガンガンと突き上げてくる。

大野さんは汗だくになりながら、意地悪そうな笑顔で見ていた。多分前立腺が刺激されたのだと思う。

オレはわからないうちに、初めてのトコロテンをしていた! 初めての大野さんでコレかよ!と急に恥ずかしくなったが、大野さんのガン責めは終わらない。

ドンドン突き上げられ、上を向いたカリが擦れる。オレは体が壊れたと思った瞬間、なんと潮を吹いてしまったのだ。

頭が真っ白になった。大量の潮がでた。ビール3本も飲んでいたのだ。

そして遂に大野さんも臨海を迎えて、オレの顔に目掛けて発射した。

ドロドロのザーメンが溢れだした。

勢いはないものの、量は半端なかった。

50に近い、しかも昨晩も今朝もオナっているのだ。にもかかわらず、この量は…。

顔に発射したザーメンを足の裏で顔中に塗りたくってきた。

そして『舐めていいよ』と。

オレは臭い足と苦いザーメンを舌できれいにした。

これが陸上部のお仕置きの1つらしい。部屋中がザーメンの臭いが充満した。

その日はオレが潮吹きをしてしまったため、オレの部屋で寝た。

大野さんはあの逞しい腕で腕枕をしてくれた。

それからというもの、出張は割高だけどセミダブルのツインを押さえるようになった。

潮を吹いても、きれいなベッドでゆっくり眠れるように。

奥さんに申し訳ないと思いつつも、陸上部の他のお仕置きも楽しみだ。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。