オナニー

【ゲイ】厨房だけど、電気工事のお兄さんにオナニー見られてた

いっぱい出てたね!

ボクがDC2年の時の話です。

その頃、インフルエンザが流行っていたので、学校が臨時休校になりました。

家族は仕事でみんな出かけていたし、部屋で何もすることもなかったので窓を開けた状態でゴロゴロしてたらチンチンが勃起してきたので覚えたてのオナニーをしました。

そして、オナニーで果てた後にうたた寝していたら、何か人の気配を感じたので外を見てみたら、すぐ横のところにある電柱に昇っていた25歳くらいの電気工事のお兄さんと目が合ってしまったんです。

ボクは下半身丸出しだったしオナニーに使ったちり紙が置いてあったので見られたと思って恥ずかしかったです。

そしたら、電気工事の25歳くらいのお兄さんはニッコリ笑って口に人差し指を立て「シーッ!」と言ってきました。

そして電柱にかけている安全ベルトみたいなのを外してボクのいる2階の部屋のベランダに塀とベランダの手すりを器用に渡ってきてベランダに立ちました。

そして、「おっきなチンチンしてるねいっぱい出してたね!」って言ったんです。

どうやらボクのオナニーはその25歳くらいのお兄さんに全部見られていたようです。

お兄さんは電気工事のヘルメットや工具ベルトやロープや工具をいっぱい身に着けていて茶色に輝くとっても大きいゴム長靴姿で「キミの秘密見ちゃったよ!誰にも言わないから俺の秘密も誰にも言っちゃいけないよ」

そう言うなり、工具ベルトの下の汗のにじんだ作業ズボンの前のボタンをひとつづつ
外していました。

ボクはお兄さんのズボンはチャックでなくてボタンなんだなとはっきり覚えています、

そして、お兄さんの大きくなったオチンチンが出てきました。

出した瞬間にとっても臭いチンチンの臭いがしました。ボクのチンチンと違ってお兄さんのはズルっと先っぽがむけていてヤクルトの小瓶を3つくらい縦に並べたような
大きさになっていました。

「これがオレの秘密の部分だよ。よ~く見てみてくれよ!」って言うのでジックリ見てたのでよく覚えています。

そしたらお兄さんは「これがおとなの男のチンポで大人になったらオナニーって言わず、センズリって言うんだよ」って教えてくれながらこすり始めたんです。

ボクはそのセンズリっていうのをおとなの男の人がする行為を目の前1メートルくらいの近い距離で初めて見たのです。

お兄さんは「オレにキミの顔よく見せてくれよ」って言いながら、目深にかぶった工事のヘルメットのしたからボクのことをジッと見つめていましたが、オチンチンを握った右手は激しく動いていました。

ヘルメットをかぶっていた顔がとってもうつろな表情になっていて目がトロトロになったままでボクを見下ろしながら「ハアハア アア イイ イイよ~気持ちいいよ~ほら、オレのチンポよく見てよ、大人はこうするんだよ」って言いながらもう片方の手の平でオチンチンの先のゆで卵ぐらいに大きいチンチンの先をグリグリねじりまわしていました。

「うぉぉぉ ぐぐぐぐ たまんえねぇ~お兄さんはねえ こうやって見られるの好きなんだから ちゃんと見てくれよお~」ってとってもエッチな声を上げながら一生懸命にすっごく硬くなったオチンチンを乱暴にしごいていました。

ボクは大人のセンズリという行為は子供と違ってすごく凄く激しいものだと知りました。

25歳くらいの電気工事のお兄さんは身に着けた工具ベルトの工具をガシャガシャ鳴らしながら腰を前後に振っていました。そして茶色のゴム長靴を履いた足を大きく
踏ん張ってセンズリの気持ちよさを耐えていました。

お兄さんの目はもっとドロドロになっていて口からヨダレを垂らしながら「アアア 気持ちいいよ~ ほら オレをいっぱい見ていいんだよ。ホラホラ 見てくれよお~
もうすぐ出すからねちゃんと見てくれよお!!」って言いながらさらに激しく体をゆすって踏ん張った長靴がギュウギュウ音を立てて光っていました。

ボクはどうしていたのかしれませんがあのとき、きっと無意識に2回目のオナニー
を始めていたと思います。

「ホラ 出るよ出るよ センズリが出るよ!見て!見て!!見てぇぇぇ!!」って電気工事のお兄さんは叫びながら白くて臭い液を一直線に飛ばしたのでボクの顔にもかかりました。
 
その瞬間ボクの頭に電気みたいなのが走ったのを忘れません。

お兄さんはハアハア言いながらよほど気持ち良かったんでしょう、大股を開いていたゴム長靴の片足をガクッと崩すとベランダに片手をついて体を支えながらハアハアしていました。

とってもカッコいい正義のヒーローが悪者を倒したあとみたいにカッコよかったです。

お兄さんは「キミとオレだけの秘密だよ!」って言って来た時と同じようにベランダと塀を伝って元いた電柱に帰っていきました。
 
ほんとうにカッコいいヒーローのように電柱の上から手を振るようにボクに挨拶しました。ボクはその時のことが頭から離れません。

そしてボクは大きくなりました。今ではそのお兄さんと同じようにカッコいいセンズリをやるようになりました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。