オナニー

【ゲイ】若い頃、ノンケ友達を手コキで性処理してあげてました

友達全員しごいたった

俺は15ぐらいの時から 男性に興味を持っているってのがわかった。

とはいえ 社会人になるまでは、そういう経験をしたことがなかった。

男とのセックスに興味があるわけではなく、男友達のチンコに興味があるだけだった。

だから 自分の友達というのは 自分の好みの男性しかいなかった

その友達のチンコを思い浮かべて 夜のおかずにすることが多かった。

友達になってから時間が経つと 自分の家に泊まりに来るように誘うようになる。

友達が家に泊まりに来た時に飲んだり話をしたりして過ごす。布団を二つ並べて敷いて寝るのだが俺は当然、興奮して寝れるわけじゃない。

友達が寝付いて2時間ぐらい経つまでは我慢して待つ。友達の寝息が聞こえだしてから、俺は徐々に友達の布団の中に手を入れる。当然俺の心臓はバクバクしている。

友達の股間上ぐらいまで手を持って行き、そっと下ろす。友達の柔らかいチンコが手のひらに感じられる。

手のひらで軽く刺激を与えたりする。そのうちに友達のチンコが段々と硬くなってくるのがわかる。

俺は思うのだけど寝ていてもチンコを揉まれたら目が覚めるよね。でも、それを拒否する友達は今までいなかった。

チンコがカチカチになり我慢ができなくなった俺は、パンツの中に手を入れて直接にチンコを握る。

初めは握ったり緩めたりだけなんだけど、だんだんと手が上下運動を始める。パンツのままだと邪魔だから脱がすわくだけど。友達も尻をあげて協力してくれたりする。

そのうちにチンコから先走りも出てくるようになり感じでもうすぐ出るって言うのが分かる。

後はいつ出てもいいようにティッシュを用意して一気にシゴキあげる。

ほとんどの友達が「出る」といって果てる。

俺は20歳ぐらいの時に そうやって全員をしごいた覚えがある。だから俺の友達で俺にチンコをしごかれたことがない友達はいない。 

一度しごいてしまえば次から泊まりに来た時は初めからイかせてしまう。

だから俺の友達は俺の家に泊まりに来る時は性処理がしてもらえると思っている。

俺の友達はみんなノンケなので向こうから俺のものに触ってくることはない。

あれから年月が経ち、みんな結婚しているが、もう俺が性処理をすることはない。

POSTED COMMENT

  1. ゲイの名無しさん says:

    私は高校生の時に工業高校に進学した。
    中学時代から、私のあだ名はHandjober(バンド・ジョバー)って呼ばれたり、ハンジョブって呼ばれたりしてた。
    当時はその意味が解らなかった。手コキをアメリカでバンドジョブって言う事が後から解った。私は女の子のような顔立ちで、手のひらの感触が女性のようにスベスベだったからだった。中学の時も何人かのオナニーを覚えた男の子に手コキをしてあげていた。何人かが私と同じ工業高校に進学して、私の手のひらの噂が広まった。オナニーの自慰行為は、射精した後から罪悪感や虚無感から後悔の念が湧いてくる。でも他の人から手コキされると快感と恍惚感しか残らない。気付けば30人ぐらいの男の子達のオチンポを手コキしてあげていたんだ。一度に10人ものオチンポを手コキした時は、ザーメンが飛び散るから私は全裸になって私を囲むようになって、両手で手コキをしてあげた。誰かが興奮して私を押し倒して私のオチンポを舐めシャブリ吸われてしまった。高校の3年間で何百発のザーメン射精を手コキしたんだろうか‥‥

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。