ショタ

【ゲイ】昼休み、学校トイレで初めてオナニーしたショタの末路

初精通、7ml発射

僕が小6の時のことです。

ある日の昼休みに僕はトイレに行きました。

トイレの前に立とうとすると、急いでクラスで1番の変態が僕の隣のトイレの前に立ちました。

その変態は僕がズボンを下げようとした時、ずっと僕の方をニヤニヤしてみていました。

なんだこいつ気持ち悪、と思いながら、当時僕は人にパンツやチンコを見られるのにさえ抵抗があったので早く済ませたいという気持ちでイライラもしていました。

するといきなり「ほら〇〇見とってー」と言い出し、そっちの方を見てみると、チンコを丸出しにして、僕に見えるように後ろに下がって小便をし始めました。

そいつのチンコはチン毛も生えておらず、皮も剥けていなく、とてもちっちゃかったです。それを見た時僕のチンコはギンギンに勃起していました。

そしてそいつが出し終わると、「俺の見せたんだからお前のも見せろよ」と言ってきました。

勝手にしたくせになんなんだコイツと思いました。

嫌だと言いながら抵抗していると、無理やりズボンを下ろされました。そいつは僕のパンツを見て、「うわお前のチンコ勃起してんじゃん!」と言いました。

僕は恥ずかしさでいっぱいでした。するとそいつはパンツまで下げてきて、僕のチンコも丸出しになってしまいました。

そいつは僕のチンコを見て、「うわデカっ!チン毛生えてるし!」と言ってきました。

そしてそいつは「じゃあ、お前も小便出せ」と言ってきて、僕は断れずにやってしまいました。

小便は勃起していたので勢いよく出ました。

そしてそいつは「オナニーって知ってる?」と聞いてきて、僕は名前だけ聞いたことありました。

そいつはいきなり指で輪っかを作ると、自分のチンコを上下に動かしました。

数分後にその変態はビクンビクンとして、お前もして見せろと言われたので、僕もやりました。

初めてやってみると、めちゃくちゃ気持ちよく、すぐに射精してしまいました。

精子は30センチ先ぐらいまで7mlぐらい出ました。

変態は「すっげぇ!」と興奮していました。僕はそのときそれがなにか分からず、とても怖かったのを覚えています。

そしてその変態はいきなり僕のチンコを舐め始めました。「精子ってこんな味なんだあ」と感動していました。

そんな変態と今ではアナル開発をして挿入したり、扱きあったりしてます。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。