男の娘 女装子

【ゲイ】年下DCにフェラチオさせられる女形学生さんの末路

フェラチオ初体験

私が男のくせに女にされたのは大学1年の時です。

私にとってはホモセックスを初めて経験したのだとは思えません。私は自分がゲイだとは思ったことは一度も思ったことはありません。

学生時代から男性が好きだなんて考えもしませんでした。虚弱で意気地無しの一人っ子だったため母に銭湯の女湯に連れて行かれていた私が中学生になったため女の子のふりをさせられているうちに、もともと小さい頃から片親だった母に女の子のように扱われていた私は完全な女形になっていただけでした。

中学2年生になってからは家では母と一緒にお風呂に入っているけれど、銭湯の女湯には連れていかれなくなったと以前、書いた覚えがありますが本当は何回か連れていかれていました。

マンションの水道管の漏れが結構たびたびおこりお風呂が使えない時があったのです。私はそんな時お風呂は入らないと決めていたのですが、何度かは無理やり母に連れていかれたのです。決して素直に母に従ったわけではありません。

中学3年の男の子なら体力的にも母親に抵抗できるはずでしょうが、私はそうではありませんでした。体力でも母より劣っていて母の片腕一本で簡単にねじ伏せられる虚弱でしたし、母が怒かりを本当に見せると私は女の子のようにしくしく泣くだけでした。

女児用のショートパンツをはいてピンクやイエローのTシャツを着ていると身長高めの小学女子に充分見える体格でした。脱衣所で下着姿になるとそれ以上です。

こんな恥ずかしいこともありました。

確か中学3年の時だったと思います。脱衣所で姉妹らしい二人が先に脱衣中でした。私は「わあ どうしよう」と番台のところで足がすくみましたがママが先に番台にお金を払ってさっさと入っていくし、番台のおばさんに「いらっしゃい」と大きな声をかけられて仕方なくうつむいてママにすがるように続いて入りました。

わざわざママはその子達の傍の脱衣ボックスに行くので恥ずかしさと、もし男の子だとばれたらと泣きそうになりました。その子達は入浴したあとらしい下着姿でしゃべっていました。二人共ブラジャーをつけていました。そして白いショーツをはいていました。お姉さんの方は私より背丈は高く妹は私より低いようでした。

姉の方が「嫌だなぁ 50㎏越えちやったよぅ ゆうちゃんも計ってみな」と妹に言うと彼女は直ぐそのままの姿で傍の体重計に乗って戻ってきました。

「45㎏」と小声で言うのが聞こえました。私はしゃがみ込んでズロースと小さなレースで肩繰りが飾られているタンクトップ姿でした。ズロースは小学生用です。ブラジャーは勿論つけていません。家でも中高生の頃はつけていません。

そのままズロースを脱ごうとしているとママに「ふみちゃんも体重計ってみて」といわれてしまいました。私は絶対嫌でしたが、彼女たちも聞いていますし、しぶしぶズロースをはいたまま体重計に計りにいきました。

彼女らの前を通る時恥ずかしそうにうつむいている私が中学3年の男子とは思いもしてないはずです。勿論ズロースの前は男の子の膨らみは全然ありません。手足は彼女らより細く弱々しく仕草も良家のお嬢さんらしいのですから。私を年下だと思っている妹が平気で覗きにきます。

「36㎏ わあうらやましい」大きな声で発表され恥ずかしさに真っ赤になった顔に両手を当てて躰をくねくねさせてママの躰に抱きつくような仕草でくっつく私でした。

中3男子の私が、年下の女子に自分たちより年下の小学生だと認められてることにその頃は自分は男子だと自覚している私には死にたくなる程の惨めさでした。そのくせまたしゃがみ込んで小さなおちんちんをお股に挟み込んで女の子そのものの、なよっとした仕草でズロースを脱ぎました。骨細で華奢な胸囲は女児のままで平坦ですが乳首は男の子には見えない大きさです。いかにも弱々しい下半身は女の子の小さな手で恥部を押さえているポーズでまさかその中におちんちんが隠れているとは見えないし、恥毛も一本も生えていません。太ももの根っこにはズロースのゴム跡がくっきり残っています。

お風呂場に入る私の頭をさっと撫でて「さよなら」と言ってくれた同年のお姉ちゃんに顔をあからめながら小声で甘えるような調子で挨拶を返す私でした。そんなように女の子として振る舞わざるをえない私でしたが、男の子が好きだと言う気持ちは一切ありませんでした。

私にとって男の子は怖いと言う存在でしかありませんでした。特に従弟の隆一くんを筆頭に私より年下の男の子が苦手でした。男の子は自分より弱い子には必ず優位に立とうとします。相手が年上だったら余計喜びです。私は彼らの弱い獲物です。悪さの男の子だったらどこまで年下かは私にとって関係ありません。たとえ幼稚園の子でも本気でかかってこられたらきっと私は負けると思います。

中1の時、小学3年の隆一くんに暴力を受けてもいないのに無理やりズボンを脱がされただけで泣かされました。彼を殴るとか組み合って倒そうなどと抵抗することもなく、ただそれをやめさせようと争っただけで小学3年の力に負けてズロース姿でわあわあ泣かされたのです。

中3になってからも小学5年生になっていた隆一くんには度々泣かされていますがママと一緒にデパートへ買い物に行った時ママが、トイレに行くというので付いていきママが、私も婦人用に入るかと聞くので否定して男性用に入りました。そして個室に入りました。

勿論その日は中学生の制服を着ていましたが、下着はズロースだったし、おしっこはしゃがんでズロースをおろしてするか家のように洋式だと座ってしました。デパートは洋式でした。おしっこを済ませて個室から出てきたら小学生の男の子に声をかけられました。2年生か3年生位でした。

「おまえ お母ちゃんと女子トイレに入るつもりやっただろ?」

私はびっくりしました。慌てて否定しました。入り口でママと話ているのを聞いていたみたいです。手洗い場からトイレの出口に早く逃げようとそちらの方へ向きました。そうなのです。体格も私より小さな低学年の小学生にも脅かしの声をかけられただけで私は逃げようとしか考えないのです。既に怯えている私です。

私の心の中を察したように小さい手が私の手の指を捕まえました。「待てよ」と言いながらつかんだ私の指を手の甲に向けてねじりました。抵抗の力を入れてないまま私はしゃがみ込んでしまいました。

「あっ 痛い 痛いっ」

悲鳴をあげながら、自由な左手で彼の手を私の右手の指から放そうとしましたが、いくら小さな手と言っても私のやはり小学生の女子並の細い指を3本程力一杯握っているだけなので、しゃがみ込んで逆を取られている私の力では放すこと放すことできません。それだけでもう私の目から涙が滲んできます。

「痛いぃ 痛いぃ」と女の子の泣き声をあげて床に座り込むだけの格好を見て「おんな男!」と毒づいて手を放すと外へ走って出て行ってしまいました。私も自分の格好を考える余裕もなくトイレの外へ飛び出すと待っていてくれているママの姿を見つけると「ママぁ」と抱きつきしくしくと泣きだしてしまいました。

なかなか出てこないのを心配していたママは私より先に出て来て自分の顔を見て走って行く子のことを思い出し「ふみちゃん どうしたのよ? ひょっとしてさっき走って行った子に泣かされたの?」私はうんうんとママの胸に顔をうずめて泣きじゃくりました。ママはそんな中学3年の私を怪我してないかと優しく抱いて背中を撫でてくれるのです。

そして高校生になると全員放課後にクラブ活動を1年、強制的にさせられます。運動は苦手で何もできない私は仕方なく誰も入らない一般体操クラブに入りました。結局男子は私だけで後は女子3人で少ないので男女一緒の4人でやることになりました。

女の子らも運動が苦手の子ばかりで助かりました。でも体力テストをしても私はその子らとまったくどうレベルで女子の中でも最低レベルの4人組だと先生に笑われました。

練習を終えて男子ロッカーから制服を取り出し、誰もいない教室を探しそこで着替えます。ロッカーで女の子の下着をつけていることがばれるのが怖いからです。いつも傍の中学部の教室を使います。中学生は帰りが早くていつも誰もいなくて安心でした。

私はいつも使う教室に入り体操着を脱ぎワイシャツを着ようとしていますと突然一人の中学生が入ってきました。

びっくりした私は「あっ ごめんなさい 高校の一般体操なんで・・・・」と弁解しようとしました。

私より大柄なその子はニヤニヤしながら「一般体操って女子のクラブだろ なんで男のあんたがやるんだよ?」と。

「そんなことないよ 男子もいるよ」

彼の横柄な物言いにひるみながら反論しました。

「おお 4人でもたもたやってるやつかぁ 女ばっかりと思ってたら男も混じってたのか それがなんでこの教室でしなければならないんだよ?」

「すみません 空いていたのでちょっとお借りしました 直ぐ出ていきますから」

高校生なのに中学生に弱々しく謝っていました。そのくせ彼が寄ってきているので着替える動作が取れません。と彼は私のタンクトップの肩に指を突っ込み「あれっ これは?」女子用タンクトップですけどレースが付いているのは着ていません。でも片そでと首回りの縁取りが全体の生地と違って細く縁取りされていました。

「おまえ 女のシャツ着てるじゃないのか?」

よく見ると男の子のランニングシャツとは違うのがわかりません。彼は弁解できなく躰をすくませて自然に出てしまった肘をすぼめて腕で胸を隠すような仕草にその腕をぎゅっと掴むと「早くズボンをはきかえろよ おまえ男のくせになよなよしてないで」と。

「あっ 堪忍してください」

彼が体操着のパンツを脱がそうとするので私は両手でその腕を押さえながら座り込み女のような声で哀願しました。彼は私を年上の高校生とは、微塵も思ってなくてか細い女子のように扱います。簡単に反対に腕をねじり上げられ体操パンツは脱がされ一緒にズロースも膝までくっついて下がってしまいました。

「いやぁ 」

私はまるっきり女の子の悲鳴をあげて剥き出しになった私の恥部を両手で隠しました。

「可愛いズロースはいて やっぱりお前は女形のおかまやつたんか そのチンポ一体何だぁ?」

私の隠そうとする腕をつかんで引っ張り寄せられ無残にも彼の前で尻もちしてお股を広げておちんちんをさらけ出す格好で泣きだしてしまいました。この時が生まれてから一番恥ずかしかった瞬間でした。

気がつくといつの間にか自分の制服のズボンと下着を下ろし私の数倍もある硬くピンピンになったおちんちんをすすり泣き続けていた私の口元に押しつけてきました。

私は抵抗する気力も勇気もなく、それまでフェラチオのことも何にも知らないくせに黙って口をあけておちんちんを咥えました。どうしていいのかわからず咥えたままでいると頭をパンと叩かれ「ちゃんとしゃぶらんか 舌も使え」と中学生のくせに経験があるらしく怒鳴られました。

今から考えても、どんな味がしたか匂いがしたか覚えていません。おちんちんの周りを舌で舐め廻したり首を振っておちんちんを口の前後に動かしたり命令されるままでした。

それ程時間はかかりませんでした。私が上手だったわけじゃなく彼が若く元気だったからです。彼の精液が苦かったことははっきり覚えています。次から次へと発射されるので口の中に溜めて置くわけにいかないのでしかたなく何回か飲み込みました。

フェラチオはこうして高校1年の時に経験したと思います。私自身はまだ射精はしたことはなかったし、オナニーの経験も欲望もありませんでした。

腋毛も恥毛も生えてないし、ママに抱かれながらおちんちんを洗われていても勃起することもありませんでした。年下の中学生にズロース姿のまま、もういじめないでズボンを穿くのを許してくださいと泣き続けるしかできない高校生でした。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。