ノンケ

【ゲイ】両手にチンポ!満員電車で2人同時に痴漢してみた結果

亀頭を重点的に責めてみた

混んだ快速電車に乗り込むと、真横にいたのが、真面目な紳士風のおじさん。

ラフな服装で、チノパンをはいている。

右の手のひらをチノパンのもっこりに当ててみる。

おじさんのチンポは真下を向いているのが感触で分かった。

チカン未経験なんだろう、最初は男に触られるのは信じられないという風に首を横に振った。

しかし、そのまま触っていると観念したのか、私の方に腰を突き出した。目に前には背広姿の男前の若者がいる。紺色のズボンはかなり盛り上がっている。そのもっこりに左の手のひらを当ててみると、若者のチンポは亀頭が上を向いていて、かなりの巨根であることが感触で分かった。

若者は気づかないふりをして横を向いていた。両手にチンポの至福の時間であった。

けど、さすがに周りの乗客に、私の態勢の不自然さに気づかれることを懸念して、若者だけに的を絞ろうと一瞬思ったが、腰を突き出してくれたおじさんの好意を無にしないように、両方のもっこりを触り続けた。

おじさんは勃起はせず、ぷるぷるのチンポの弾力をチノパン越しに堪能した。若者は反応してチンポに芯が入って、ズボン越しに、ぶっとい竿と亀頭の丸みを味わった。

重点的に亀頭の丸みを指でなぶってやった。おじさんも若者も息を殺してハアハア言っていた。

次の駅で私と若者が降りて終わり。あのチンポの感触が忘れられない。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。