男子学生

【ゲイ】部活終わり!同級生の汗臭い蒸れチンポ咥えた結果wwww

汗の臭いに大興奮

この間、巨根部長の慎太郎とのお話を書いたモノです。

あの合宿以降、平日の学校では朝早く登校してトイレで一発抜いて、放課後は部活後に帰り道にあるひと通りの少ない薄暗いトンネルで俺が慎太郎のチンコを弄っていました。

土曜日は練習があったのでみんなが帰った後、誰もいなくなった部室で2人きりでエッチなことをしました。(もう想像できると思います。)

こんな毎日を過ごしてると慎太郎は暇さえあれば俺のところに来て、俺の手を掴んでチンコを揉ませてきました。終いには、廊下で勃起させたチンコを掴ませてきました。

幸い俺の学校は下ネタを言ってる人が多く男子同士でチンコの触り合いなどしてたのでそこまで目立ちませんでした。

夏休みのある日部活の練習がおわり、俺は疲れて帰ろうとしました。(俺の学校は長期休みの1週間前は部活がなくなります。その期間は放課後慎太郎とは特に何もやってませんでした。)

すると、慎太郎が「久々にヤってよ」と言ってきました。

俺は久々に慎太郎のチンコを弄れると考えただけで興奮してしまいすぐにオッケーしました。

部室の鍵を閉めて1週間ぶりに練習着の上から慎太郎のチンコを触り、すぐに練習着とパンツを半ば強引に下ろしました。

生のチンコに顔を近づけると練習終わりということもあり、汗の臭いがすごく臭いました。その臭いで興奮してチンコを口に入れました。

口の中で慎太郎のチンコは段々と大きくなり俺の喉の奥まできました。俺はそのまま金玉を舐めたり、亀頭やカリを責めました。

最初は我慢汁が漏れていましたがやがて、慎太郎の息が上がっていき「んっ!」と声を出したと同時に勢いよく精子が口の中にはいってきました。

普段ならこれで終わりなのですが、この日は違いました。

俺は慎太郎の精子を全て飲み終えた後キスをして帰ろうとしました。そしたらなんと、慎太郎が後ろから抱きついてきて耳元で「アナルセックスしない?」と言ってきました。

その時にはすでに慎太郎のチンコはビンビンでした。

俺は断り帰ろうとしました。

ですが、慎太郎は俺を強引に床に寝かせて俺のパンツを下ろして巨根を挿入してきました。

初めて味わう感覚に俺は思わず大きな声を出してしまいました。そのまま慎太郎は躊躇なく腰を激しく振ってきました。俺も最初は痛かったですが、段々と慎太郎の我慢汁がローションがわりになり気持ちよくなってきました。

慎太郎が「ごめん、俺もうイッちゃう!」と言って俺の中で思いっきり射精しました。体の中温かい液体が流れ込んでくるのがわかりました。

慎太郎はすぐに俺のアナルから巨根を抜いてくれましたが俺は立ち上がれませんでした。

すると、慎太郎が寄ってきて俺の口の前に半勃ち状態のちんこを出して、「頑張ってくれたお礼」と言って俺の口の中にチンコを入れて残っていた精子をだしてました。

俺はしっかりとそれを飲み込んだ後疲れからか、寝てしまいました。

それから数時間後起きると横には慎太郎がいて俺が起きるのを待っててくれました。

2人で帰る準備をして部室を出た後帰り道の途中、慎太郎の家の前で慎太郎が「今日はありがとう。またヤろうな。」と笑顔で言って家の中に入って行きました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。