オナニー

【ゲイ】夢のような世界!チンポが覗ける公衆トイレがコチラwww

見ながらオナニーしてます

自分の勤める会社のある駅の改札口を出た所には、コンビニや飲食店、ドラッグストアがあり、その一角にトイレがあります。

男性用の小便器が3つと奥に大便用のボックスが2つあります。

ある日、下痢気味で左のボックスに入り、用を足してボックスの扉を見ると、小さな穴を発見しました。

その穴を覘くと、小便器でおしっこをする男の顔を含めた全身とチンポが見えて、自分にとっては夢の世界でした。

それから、出勤前や出勤後、あるいは時間のあるときはそこで時間を過ごすようになりました。

けれども、座ったままで扉にへっぱりついて無理な姿勢で覘くので疲れやすく、また、隣のボックスに人が入ると音がしないと変に思われそうで、そんなに長居はできません。

その駅には、トップクラスの進学を誇る高校があり、そこの制服を着た学生がトイレを利用することがあります。眼鏡をかけて賢そうな男の子がおしっこをしている所を見ることが出来ました。

その子のチンポは真っ白で、皮は剝けていて亀頭は綺麗なピンク色でした。セックスはおろかオナニーもしていない感じでした。オナニーをすれば、黒ずみや皮のたるみがあってもいいはずです。勉強ばっかりしているんでしょうか。自分はその綺麗なチンポを見てよだれが出ました。

近くの飲食店の店員もそのトイレを利用します。その店員はサーファー風のイケメンで、昔、ちょっとヤンチャしていた感じです。その店員はズボンのチャックを下ろすと同時にチンポが飛び出るほどの巨根で、黒々とした立派な竿と赤紫の亀頭を披露してくれました。あれで何人もの女を泣かしてきたんでしょう。思わず頬ずりしたくなる感じです。おしっこの後、しずくを切るため、チンポを豪快に振って、こっちの方を見てニヤッとしました。覗き見していた自分は一瞬ドキッとしました。

その駅で街頭演説をした政治家もこのトイレを利用しました。ポスターで見たことのある特徴的な顔なのですぐに分かりました。その政治家は、手でチンポを隠して、おしっこをしたので、残念ながら見ることができませんでした。けれども諦めきれずにその一点を見つめていると、終わりかけたときに手が動いて、あまり長くはないが太いちんぽが一瞬見えました。使い込んでいるのか、皮のたるみが亀頭の半分くらいを覆っていました。以後、政治家のポスターを見るたびに、あのチンポを思い出します。

自分が残業をした帰りにトイレのボックスに入ると、一杯飲みをして駅に向かう途中の、会社の同僚がおしっこに来ました。この同僚は五郎丸似のマッチョで、自分が前から目を付けていました。同僚はズルムケで重量感のある綺麗な形のチンポをつまみ出して、よほど溜まっていたのかジャーッと音を響き渡らして、すごい勢いで放尿してました。普通の人のおしっこの時間の3倍くらい、その勢いは止まらずその間、ずっとおしっこをする同僚のチンポを見ていました。

そして、五郎丸がおしっこする場面と重ね合わて、ボックス中でオナニーしてました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。