フェラチオ

【ゲイ】淫乱DC君、知らないおじさんの精子飲んでみた結果

生臭い精子

中学生の頃の体験談です。

私は友達と公園で遊んだ後、帰宅途中に尿意を催したので、地元でもあまり人気が無い小さな公園の公衆トイレを見つけトイレをしていました。

すると後ろから中年の男性が入ってくるなり、いきなりお尻を撫でられました。私はおしっこを途中で辞めることが出来ず全く抵抗出来ませんでした。

私のトイレが終わると男性が、こっち来てと私の手を引っ張って私を個室に連れていきました。

個室に2人で入ると中年男性はパンツを下ろして私にしゃぶってとお願いしてきました。

私は怖くて抵抗出来ず言われるがまま必死にしゃぶりました。

ですが、最初は嫌だったフェラが何故か段々苦じゃ無くなっていき、途中からは自分でチンポをしごきながらフェラをしていました。

私のフェラをしている姿を見て男性は興奮したのか、顔にかけさせてとお願いしてきました。その時点で私の興奮もピークに達していて、何故か私は「おじさんの精子飲ませて!」と強くお願いしてしまいました。

その言葉を聞いた男性はとても興奮した様子で「出すよ!」と私に言いました。

私はそのまま口の中に出された生臭い精子をゴクッと飲み込んで男性に口の中を見せました。

すると男性は私にディープキスをしてきて、「とても気持ちよかったよ」と一言残すと直ぐにトイレから出ていきました。

その日の夜は男性とした事を想像しながらひたすら自室でアナルに指を入れながらオナニーを何度も繰り返しました。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。