オナニー

【ゲイ】特殊性癖!下着穿きながらオナニーして精液ぶちまけてます

精液まみれの下着

俺の性癖が目覚めた時の話です。

それは下着の中で射精すること。

今では新しい下着を購入したら、まず始めに精液マーキング。

そのきっかけは同級生の友達。友達を毎日のように迎えに行き、まず叩き起こすことが日課になっていました。

月日がたち中3の夏。

もうすぐ夏休みになる頃、その時期は暑い日が続き、俺も薄着で寝ていました。

朝から学校に行く前にいつものようにまずは叩き起こしに友達の家へ。

おばさんに挨拶してから部屋に入ると相変わらず爆睡の同級生。

見るとベットから落ちた状態で下着のみ。

俺の時代はもうトランクスやボクサー系が当たり前の中、同級生はブリーフでした。

そして勃起。俺はその姿を見て、エロいと思いました。

でも先にまず、恒例の叩き起こし。起きてから準備を始める友達。だいたいここから30分は掛かります。その為、いつも学校は遅刻寸前。

何時ものようにバタバタ始まり、部屋からいなくなります。俺はと言えば、いつもゲームして待機してますが、あの時のエロさが忘れられず、床に落ちてたブリーフが目に入り、気がついたらそれをバックにしまってました。

ドキドキしながらゲームを初め、準備の出来た友達と学校へ。

学校が早く終わらないか。ソワソワしながら終わり、友達からコンビニ行かない?とか誘われたけど、用事あるからと即早に帰宅し、俺の部屋へ。

カーテン閉めて、全裸になり、友達のブリーフを見ると洗濯済みではなく、使用済み。そして、夢精したのか、イカ臭い匂いが。

穿くのにドキドキして、チンコを見るとバキバキに勃起して、我慢汁を垂らしてました。

ためらいもなく即座に友達の汚れたブリーフを穿いたら興奮は最高潮。立ち姿でブリーフの上からチンコを弄って、2、3度竿を上下に手で擦っただけで、俺は友達のブリーフの中で射精しました。

その射精で体は痙攣し、立っていられず座りこみ、興奮からか多分今までにないくらいの精液を出し、ブリーフの前はベタベタでした。

開けてみると、チンコの回りは精液まみれで開けた空間は糸が引いている感じを見て、興奮は収まりませんでした。

その日は親が帰宅するまでの間、オナニーをしまくりました。友達のブリーフを穿いたまま。

考えたらヤバい事なのに、そのヤバさが興奮となり、そのブリーフの中で何回射精したか分からないくらい。

最後の方は出ないはずなのに、汚れたブリーフのまま床に腰を着けて、無理やり擦って無理やり射精を繰り返したことが忘れられません。

それから、下着の中での射精が病みつきに。

ちなみに友達からパクったブリーフは卒業まで俺のオナニーの一部となり、高校入って大きさが合わなくなり、最後に無理やり穿いてぎちぎちの中、オナニーしてから捨てました。

なぜなら破けたから。

友達とは、実家に帰省したら会いますが、俺のしたことは未だに知らないはずです。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。