出会い系アプリ 掲示板

【ゲイ】玄関で目隠し+下半身丸出し待機中!犯して下さい

肉便器になりました

とある掲示板に書き込みして肉便器になった時の話しです。

投稿内容は『パイパンチンポをさらけ出し目隠し待機中なので、好きなだけ犯してください』

部屋の鍵は掛けずに、暗くして、玄関に丸出し下半身を向けてしばらく待っていると、ドアが空きました。

ドキッしたけど、自分で撒いた種です。覚悟を決めるしかないのでそのまま待機をしていると、カチャカチャとベルトを外す音が聞こえました。

その後、ペニスに温かさを感じました。フェラされていたのだと思います。フェラされて、大人しくしているペニスではないので直ぐに勃起しました。

その後、アナルをグチョグチョになるまで舐められ、ローションを塗られ、一気に奥まで貫かれハァッと声が出てしまいました。

すると、相手も興奮したのか激しく舌を絡ませて来て、顔も分からない人にアナルを犯されながら口も犯されました。

するとドアがもう一度空いて、二人目が入ってきました。

当然犯されているので、書き込みは消せませんよね。やってる最中だったので二人目はそのまま乱入の形です。

口元に何やら硬いものが…当然勃起したペニスです。顔も分からない人達にアナルを犯されながら口もペニスで犯されている状態です。もう夢中で相手をしていると、手を取られて硬いものが手の中に。いつの間にか3人目です。もう何が何だか分かりません。

どんな人なのかも分からない状態でまさに肉便器です。最初のチンポが抜かれて、お腹の辺りに温かい液体が。精液がぶちまけられた様でした。

終わったかと思いましたが、当然次のペニスがアナルに侵入してきますよね、肉便器ですもの。

今自分の部屋に人が何人いるのかも分からない状態です。一人が果てれば、一人が入れてくる。それを何時間繰り返したのでしょう。

いつの間にか誰もいなくなった様で、静かになりました。目隠しを外してみると、部屋には誰もいません。何本分なのか分からない量の精液が身体中にかけられています。

何人かは中に出したのか、アナルからも精液が垂れ流れていました。結局夜に募集をかけて、終わったのは明け方でした。軽くみても5時間は超えていました。

部屋に残ったのは栗の花の臭いと地に落ちた肉便器が一体だけです。

楽しい一晩でした。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。