特殊フェチ

【ゲイ】ノンケ学生時代、アナルプラグ入れてメスイキしてた結果

今は誰専のチンポ好きです

僕がアナルに目覚めてすぐの頃の話です。

その頃僕は、まだ実家暮らしで、学生をやっていました。

ドM気質な僕はアナニーとメスイキにハマりまくり、毎日プラグを入れてベットに入り、色々な妄想とともにメスイキしていました。

アナルをいじり始めた当初は、ノンケのつもりでしたが、メスイキを重ねる度に僕はホンモノを求めるようになり、ある日自覚しました。自分がゲイだということを。

思い返してみれば、自分は女性で抜いたことが1度もなく、シチュエーションを自分に重ねて、チンポを入れられる妄想で、興奮していたんです。

それからは早かったと思います。気づいたその日に掲示板で、フェラをさせてくれる方を募集をし、見知らぬおじさんの精液を飲み、それを学校の帰り、毎日ほとんど別の方と繰り返しました。

ある日僕は言われました。フェラをさせてくれるおじさんの中には、出した後に少し喋って次の約束をしてくれる方もいて、その時に自分の今の経緯を話した時に言われたんです。

「お前はゲイじゃねえよ、変態メス豚野郎だよ」と。その時僕はハッとしました。確かに、僕がゲイなんてゲイの方に失礼で、誰かれ構わずチンポをしゃぶっては精液を飲んで喜んでいるような僕がゲイを名乗るなんておこがましくて、僕は所詮変態メス豚野郎でしかないことを自覚させられました。

そのことが背中を押したのかは今でも分かりませんが、僕はそれから程なくして、アナル処女を捨てました。

アナルセックスをしたくて始めた変態行為でしたが、いざしようと思った時にアナルセックスをしてしまえば何か戻れないような気がして、フェらから始めてズルズルと来ていたその頃でしたが、初めてを迎えて僕はとてもスッキリしました。

今では心置き無く、アナルセックスをしている僕ですが、ただやっぱり僕の懸念は当たっていたようで、アナルセックスをする前に戻ることは一生出来ないでしょう。

こんな快感を知ってしまったら、もうちんぽ無しでは生きていけない。僕は今ではご主人様が経営するゲイの方専門のデリヘルで飼われています。

今日もたくさんの精液を上の口でも下の口でも飲まさせていただきました。今この文章を読んでいるあなたとも、いつかお会いすることがあるかもしれません。その時はどうぞよろしくお願いします。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。