体育会系

【ゲイ】厨房の頃、同級生のチンコをスマホで撮影して弄ってみた

69で口内発射!

これは同級生の男子とのヤバい体験談です。

僕とその同級生(そら)は中学高校と同じ学校でした。そして僕たちは同じ陸上部に入っていました。

僕たちの住んでいる所はかなりの田舎で、学校は基本1クラスです。

海のすぐそばなので、中2の夏休みに、僕とそらは海へ泳ぎに行きました。

僕とそらは両方それなりに腹筋が割れていました。そこまで筋肉質というわけではなく、細マッチョという感じでした。

朝から泳ぎに行き、昼からはそらの家が海の隣にあるなで、そらの家で遊ぶことにしていました。

ちなみに、僕とそらは陸上部なので、太ももから下と肩から先は日焼けしてかなり黒かったです。

朝泳いだあと、そらの家でお風呂に入るとき、そらが中々海パンを脱がないので、僕が一気に脱がしました。

するとそらのチンコはピンと勃起していました。

最初は少しビックリしていたけど、バイだった僕はそらをからかいながらチンコを触ってみました。

そらは少し抵抗していたけど、恥ずかしいのかあまり激しくはきませんでした。

チャンスだと思った僕は、手元のスマホでそらの勃起したチンコを撮りました。

そしてそらに「○○(共通の友達の名前)に見せられたくなかったら抵抗しやんといて」と言いました。

そして抵抗しなくなったそらに対して、今から夕方まで時間あるからゆっくりお風呂はいろやと提案しました。

そしてお風呂に入ると僕は「手を頭の後ろで組んで」と言いました。

そらが手を組むとそらの勃起したチンコを隠すものは一切ありません。

そらの体を詳細に説明すると、割れた腹筋、手を挙げていることで少し浮きでたあばら骨、つるつるの脇、カチカチに勃起したチンコ、日焼けした足と腕、と、めちゃくちゃエロかったです。

僕はそらのチンコをシゴきました。

しばらくするとそらは射精しました。

僕はそらが射精する時に、手を皿のようにして、精子を手に受け止めました。

そらの精液はかなり濃かったです。

僕はそらに自身の精液を飲ませてみました。

とても不味かったそうです。

僕は体を洗う前に、そらに体の色んなところを舐めさせました。

首、背中、胸、乳首、脇、チンコ、アナル、太もも、ふくらはぎ、足先、足の裏など全てわ舐めさせました。

めちゃくちゃ興奮しました。

僕も射精したくなり、そらと兜あわせをしました。

そらは既に一度射精しているので辛そうでしたが、そのまま続けました。

途中からそらの腰が引けてきたので、僕はそらを寝転ばせ、69の形になり、僕のチンコはそらの口に入れ、僕はそらの亀頭を手のひらで撫でまくりました。

僕も家で自分で一度やって、腰が引けて辛かったのですぐにやめたので、一度イっているそらはめちゃくちゃヤバかったと思います。

結局僕がイクよりそらが先にイきました。

そのあと僕がそらの口に射精して終わりました。

さすがに疲れたので、その日はそれでおわりましたが、結局この関係は高校に上がっても続きました。

初めて僕がそらのアナルにチンコを入れたのは中2と中3の間の春休みでした。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。