初体験 童貞

【ゲイ】公衆トイレで扱いている人いたんで隣で一緒に扱いてみた

高まる鼓動

まさか自分がそんな体験をするとは…と思う出来事があったのでお話しします。

その日、博多駅周辺で友人と飲みに行った帰りで、友人と別れた直後に尿意を催したので、駅構内のトイレによることにしました。

終電間近ということもあり、人は少なめ。なので、僕が行ったトイレは空いていて、僕はすぐに小のところで用を足すことができたのですが、その時隣にいた人を見て、僕は驚きました。

なんと、スウェットからビンビンにしたチンコを取り出してシゴいていたのです。

トイレなどで、シゴいて相手に見せつけ、そのまま発展に至るというエピソードは今まで何度か聞いたことはあったのですが、僕にとっては縁遠いものだと思っていたので、まさかまさかの光景に僕はとにかくびっくりしました。

僕の本来の目的である尿意の解消はできたのですが、この光景にその場から離れることができず、横目でしばらく見ていました。

終電もあったのと他の人も入ってきたのもあって、一旦その場から離れたのですが、その光景にドキドキと興奮が収まらず。

僕はアプリでそれらしい人を探しながらも、またそのトイレに向かったのです。

一回離れて数分が経過していたのですが、その人はまだトイレの前に立っていて、立派に屹立したチンコをシゴいていました。

僕もその人の隣に立ち、彼と同じようにチンコをシゴいてしまいました。

すると、それに気づいたのかその人もチラチラと僕の方を見て、個室に移ろうと誘ってきて、僕はそれに応じてしばらくシゴきあったり、フェラし合ったりしました。

かなりドキドキなシチュエーションではあったのですが、終電もあってアプリで連絡先を交換してトイレを後にしました。

そのアプリでのプロフィールを確認すると、年齢は30代。マスクをしていたのでわからなかったのですが、爽やかで男らしい人でした。

僕は結局終電は逃してしまい、そのトイレに戻ったところ、まだその男性はいたので事情を説明するとありがたいことにその男性が車で最寄まで送ってくれましたが…。

僕はせっかくだし、最後まで抜こうと思ってトイレを訪れたのですが、僕と別れた直後に抜いたので、残念ながらその日は抜きあいはありませんでした。

しかし、日を改めて抜きあいをすることになったので、その日がとても楽しみです!

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。