イケメン

【ゲイ】ナイトクラブで人目をはばからずキスしまくった俺

ダンスフロアのど真ん中で・・・

ナイトクラブのフロアのど真ん中。

人目もはばからずキスをした。

懐かしくて心地よくてこのままずっと一緒にいたいと思った。

好きだよって耳元でつぶやくと僕も好きだよって言ってくれた。

彼と最初に会ったのは4年前、そこはロサンゼルスのナイトクラブだった。

ダンスフロアの真ん中、たくさんいる人の中から見つけた。

可愛い。この上なく可愛い。

僕は強い酒と爆音のクラブミュージックに完全に酔っていた。

目があうと彼は僕を見てニコっと笑った。

笑うと口角が上がる感じが可愛くて仕方ない。

一目惚れをした。

無意識に駆け寄り、人目も気にせず、キスを求めた。

彼は拒まなかった。どんどん2人の世界に入っていく。

理性を保てなくなった感じ。

求めたら求めた以上を返してくれる感じ。

来て欲しい時に来てくれる感じ。

身体が宙に浮いたような感じ。

彼がつけている香水が好みだ。

キスの相性が良い。

ハグをするとジグソーパズルを当てはめた時のようにフィットする。

照れた時の笑顔がめっちゃ可愛い。

求めるときの子犬のような目が好きだ。狂おしいほど愛おしい。

この時間が永遠に続けばいいと思った。

あれから4年。

日本に帰ると、彼も偶然帰国していて久しぶりに会った。

あれから少し大人っぽくなっていた。

軽くバーに行き、当時の思い出話に盛り上がる。

ふと、ナイトクラブに行こうよと誘ってみる。

うん、行こう。と言ってついてきてくれた。

お酒と音楽、そして彼がいる。

音楽に身を任せ踊っていると、彼も次第にのってくる。可愛い。

本能的に彼を求めた。気づいたら右手をつないでいた。あの時と一緒だ。

場所は違うけど同じ感覚。

彼の腰に手あてると、恥ずかしそうな表情になって顔をそらす。

たまらず僕を見つめてほしくて彼の頬を手で覆った。

しばらく見つめ合っていると、彼からキスを求めてきた。

僕は人目もはばからずそれに応えた。

周りは音楽のリズムに合わせて踊りに夢中になっている。

僕たち2人だけ完全に場違いだ。けどどうでもよかった。

次第に周りが見えなくなって2人だけの世界になっていく。

懐かしくて心地よくてこのままずっと一緒にいたいと思った。

好きだよって耳元でつぶやくと僕も好きだよって返してくれた。

それからナイトクラブを後にして、またね、元気でね。と言うと、僕たちは帰路についた。

それ以上の会話もなければ連絡もない。

来週には僕も彼も日本から離れてまた離れ離れになる。

次に会えるのは早くて2年後。

一夏の恋がまた終わった。

COMMENT

Your email address will not be published.

体験談の著作権は当サイトにあります。