レイプ

【ゲイ】ダンボール廃棄小屋でガテンおじさんに襲われた僕の末路

力づくで押し倒されて・・・

仕事場に来る運ちゃんでスキンヘッドの50代のムキムキのおじさんがいました、見るからにエッチがうまくてドスケベそうでした。

良くフォークリフトでパレットの片付けで話してました、話しかたは怖くてすごいガテン系な感じしました。

ある時、すごいテンションが高くて休憩所で仕事してるこっちを見てきたり、仮眠とらなきゃいけない時間なのに、仕事場でウロチョロされてました。

ある時に段ボールを捨てる小屋で、段ボールを捨ててたら、いきなり入って来て後ろから力いっぱい抱きしめられて、正面向いたら力づくで押し倒されました。

自分は床に倒れて相手が上に乗っかってキスをしてきました。自分はバイでそのおじさんの事が好きだったので、舌を絡ませてキスをしました。

おじさんすごいキスがうまかったです。

そしておじさんが乳首を舐めてきました。そしておじさんの膝の上に乗って体を支えられながらキスをしました。

股間に手をやってきて、ベルトを外されチンコを握られてそのままシゴかれ、すごい亀頭ぜめをされました。

おじさんがチンコを軽く舐めてすごい唾液吐いてチンコにいっぱい付けてヌルヌルにして、乳首舐められながらシゴかれて、さっきの唾液がすごい滑ってクチュクチュいいだして、すごい気持ち良くて頭が真っ白になりました。

ツバは臭かったです、ガテン系の人だけあってハードでした。

それでイキそうになったら、寸止めされてまたちょっとしたらシゴいてきて、イキそうになってまた寸止めされました。すごい精子が出そうでした。

「気持ちいいやろ」とおじさんがエロい顔しながら言ってきて、自分の顔を見ながらシゴいてきて、すごい興奮しました

立ってと言われて、立ったらお尻の穴を指で開いてきて舐めてきました。

お尻の穴にベロを突き刺すように舐めてきて、ツバを手に吐いてチンコに付けてすごいシゴいてきて、アナルを舐められてました。

またイキそうになったんですが、寸止めされました。

そしておじさんはお尻の中に指を2本入れてきて、グリグリ中を広げてきました。

お尻を舐めながら、グリグリされててお尻がちょっと痛かったです。

おじさんがいきなりズボンを脱いできました。チンコがすごい勃起してました。

自分は舐める事にして、すごいイカと変な臭いがしておいしかったです。そしてかぶりつくようにしゃぶってて、おじさんが頭を触ってきました。

バックで掘る事になってチンコを入れられました。

そしておじさんは僕のチンコをシゴきながら、ガンガンに掘ってきました。

さすがガテン系の人あって、激しかったです。

気持ちいいかっておじさんが聞いてきて、痛気持ち良くて、はいと答えました。

すごいガンガンに腰を振ってきてお尻が壊れそうになりそうでした。

腰をゆっくり奥まで入れる事を何回かされて、今度はおじさんが寝て自分が上に乗る騎乗位をしました。

おじさんの硬いチンコを自分のお尻に入れるとすごい痛かったです。

それからおじさんがすごい腰を振ってきて下からすごいガンガンきました。

自分がヤバイですって言ってもガンガンに掘ってくるので、ヤバくなっておじさんの体に倒れこんでしまいました。

それでもガンガン掘ってきて、「まだまだやぞ」って言われました。

そして自分が逆向きに体をしてまた下からガンガンに掘ってきました。

そして正常位で掘ることになって、おじさんがチンコにツバつけて挿入してきました。

最初は腰をゆっくり動かして奥まで入れて、段々速くなって相手の筋肉もすごい張ってました。

そして両足持たれて思いっきりガンガンされて、痛さと気持ちよさでおかしくなりそうでした。

そしておじさんが、イクッと言って顔に精子をかけてきました。

おじさんがハンカチ持ってて顔にかかった精子を拭いてくれて、小屋から出て行けれました。

突然襲われたのがすごかったです。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。