フェラチオ

【ゲイ】スケ番長公認で彼氏さんのフェラ専してましたwwwwww

バイとしての目覚め

バイマゾ男です。

高校生時代に体験の初フェラチオ。

高校をスポーツ特待生で入学、1年生の15才夏休みにバイト、そこのお嬢様(大学生)から他のバイトがあるとお嬢様の自宅に呼び出され、自宅へ行くと強引に絵のヌードモデルとして描かれ、更にファーストキスから童貞まで奪われたのです。

しかも、お嬢様の妹さんは同じ学校の3年生でスケ番長、お姉さんに見付からない様に私達のSEX行為をスケ番仲間と覗きます。

その数日後、色々な部活動が学校で行う合同合宿です。

スケ番の溜まり場は女子バスケ部、合同合宿初日の夕方、私はスケ番グループから音楽室へ呼び出され、その部屋に入りました。

数名の2・3年生がおられ、床に正座させられ囲まれます。

色々な説教をされた後、スケ番長様が2年生で次期番長でH好きなユミ様に(こいつと遣る)の言葉にユミ様は(年下久し振りです)と、言いながらロングスカートの下に手を入れパンティーを脱いで私に近付くと(真っ裸になれやー)と凄みますが動かない私を数名の手が伸び、部屋中を引き摺り回された上に靴下のみの姿にされました。

私が両手で股間を隠し(無理です)の言葉に狂犬と言われるユミ様が激怒、私の髪を掴み往復ビンタの嵐、泣いて謝る私にユミ様はハサミを手に近付くと私のアンダーヘアを切り(喰え)と凄まれ、無理やり食べさせられます。

ほぼスポーツ刈りのような短さにアンダーヘアを切られた上に、ヘタレた私の両足にしゃがんで座り、タバコを吸うとそのタバコを立てて火種を指で弾き私の方へ飛ばします。

私はつい(熱い)と声を出してしまいました。

するとユミ様が(何が熱いだ)と、タバコを私の頬に押しつけタバコを消すと(次はここで消したろかぁー)とペニスを掴まれます。

私は土下座で謝り、ユミ様からは(オメーとは遣らねぇー)と凄まれます。

ユミ様の命令で即部活を退部、翌日には女子バスケ部のマネージャとなり、ユミ様の世話&舎弟となり、性的行為のSEXをかなりの頻度で行いました。

そんなH好きのユミ様は、女優の夏菜似の美人です。

そのユミ様に年上の彼氏が出来た事でフェラチオを体験する事になったのです。

ある日、ユミ様自宅に呼び出された私、部屋に入ると明らかに裸と思われるユミ様と彼氏、ユミ様から(もう一発遣るから彼氏のチンポしゃぶって勃起させろや)のお言葉、逆らえない私は二人が抱き合いキスをする中、命令で上半身を脱ぎ、間に入って彼氏のペニスを触ります。

初の他人棒、嫌という感覚はありませんでしたが一度イッたペニスは匂いが臭い上に一部ベトついていました。

そのペニスを咥え、ユミ様にされた事がある私はユミ様の真似をしてしゃぶりました。

彼氏のペニスはどんどん変化し大きくなり、それが快感になった私は仮首に舌を這わせた後、そのまま仮首を包む様に咥え、舌先で先端を刺激しました。

すると彼氏さんが腰を引き(うっ)と、声を洩らし、ユミ様の(えっ)に彼氏さんがイッてしまいました。

ユミ様は私の頭を押さえつけ(布団が汚れるからさのまま咥えて飲め)と言われ、精液を飲むという行為をしました。

ユミ様が彼氏と別れる2ヶ月間、数回に渡りフェラチオを体験、私がマゾとして尽くすのは当初からですが、バイとして目覚めさせられたのは、このフェラチオ行為が切っ掛けです。

POSTED COMMENT

  1. ゲイの名無しさん says:

    凄い体験ですね
    恐怖体験から性の奴隷にされ、まるで昔の日活ポルノ映画のようなストーリーですね

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。