SM調教

【ゲイ】ご主人様の中出しザーメンを悦んで飲むM男

一番美味しいザーメン

僕は関東に住んでいます。

年上のぽっちゃりやデブの人が好きなドMの変態です。

164.58.25です。

昔、有料発展場に行ったときに好みの人がいたので自分から声をかけました。

自分から声をかけたものの、個室に入った途端に責められはじめ、気づけば僕は喘ぎならトコロテンでイカされてました。

僕から連絡先を聞いてセフレになって欲しいと言うと、彼は快くOKしてくれ、それから度々彼の家に行っては生中出しセックスに明け暮れるようになりました。

彼はセックスの時以外はすごく優しかったのですが、セックスになると僕を肉便器のように扱ってくれました。

口の中をよだれいっぱいにされて飲まされたり、アナルをハメていたチンポをそのままイラマチオさせられたり、彼のアナルを30分舐めさせられたりしました。

僕は彼とのセックスがすごく気持ち良く大好きで満たされた気持ちになり、完全に彼専用の肉便器になっていました。

ある日のセックスのとき彼に、「ザーメン好き?」と突然聞かれました。

「大好きです」と答えると、「お前に中出ししたザーメンを飲め」と言われました。

「僕はそれに飲ませて下さい」と答えました。

寝バックで中出しされたあと、仰向けになった彼のチンポをお掃除してから、彼の腹の上にアナルからザーメンを出しました。

彼のザーメンは見ただけで濃厚なことがわかり、大量でした。

僕はいてもたってもいられず、そのザーメンを吸い上げました。

そのザーメンの味は今でも忘れられません。

これまで何回も口に出されたことはありましたが、一番美味しいザーメンでした。

僕はザーメンをしっかり味わったあとにごっくんしました。

その日以降、しばらくは彼との関係は続きましたが、お互い忙しくなり今では連絡がとれなくなってしまいました。

今はセフレや彼氏がいないので、彼にとってもらったハメ撮りや彼のチンポの画像を見てオナニーする毎日です。

彼みたいな素敵なご主人様に会いたいなと思っています。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。