ノンケ

【ゲイ】厨房ですが、片想いしてる親友に告白した結果・・・・・・

夏の花火大会で

僕は今中学三年生で同性の親友に片思いをしています。

彼への想いに自分も気づくのが遅く気づいてからは1年。

初めて会ってからは5年くらいです。

そして今年の夏の花火大会の帰りに告白しました。

元々は花火をみているときに伝えたかったのですが彼には彼女がいます。

でもその彼女は僕の幼馴染みでした

2人はまさにお似合いでいつもラブラブでした。

2人が手を繋いでいる時、ハグしている時、キスをしているとき僕は辛すぎてかげで泣いてました。

そして花火大会の帰り2人になれたので思い切って言おうと勇気を振り絞って

俺「あの、伝えたい事がある…」

彼「ん?なに?」

俺はなかなか言えずにとりあえず公園にに行きベンチで座りました。

彼「伝えたい事ってなに?」

俺「えっと… 、、、」

声を出そうとしても声が出ず気持ち悪がられたらどうしよう、と言う不安で涙目になってしまいました。

涙目になってしまったのでバレないように上を見上げて

俺「俺は…」

彼「うん?」

俺「お前が、、、、好きだ。」

あんまりハッキリ言えず声が小さくなってしまいましたけど彼には聞こえていたようです。

彼は初め聞いた瞬間少し笑いました。

すると急に真剣な顔になり

彼「知ってたよ、わかってた。」

言葉も出ず我慢しきれずに涙が溢れてしまいました。

彼「お前ってホモなの?」

俺「いや、好きになったのがお前で…」

彼「ごめんな、俺は〇〇〇が好きだから。」

俺「わかっとる、ただ伝えたかった自己満足だよ」

話せば話すほど涙が出てきて泣き声も徐々に出てしまいました。

彼「お前が女だったらなぁ。」

俺「性別とか関係ないと思う、好きになることに。」

彼「間違っては無いと思うけど、俺にはあるんだ、ごめんね」

更に涙が溢れて 泣き声も大きくなってしまって。

その時

彼「落ち着くまで一緒にいてやるから」(肩をグイッと寄せられて泣き止むまでずっと頭を撫でて貰ってました)

その後は落ち着いて解散したのですが、それからは結構彼から少し積極的にもなってくれるようになりました。

俺の幼馴染み(彼の彼女)Mの家に俺と彼、友達カップルT.Yの4人で泊まりに行きました。

まぁ俺だけ1人なので向こうの4人が2:2でイチャイチャしたら僕だけ余るわけで拗ねて布団にくるまって横向きになり、壁の方を向いて彼に背中を向けてイヤホンをしてYouTubeをみていたのですが。

彼が急に布団に手を入れてきて俺の背中や首やお尻をサワサワ触り始めました。

自分は敏感なので多分結構ビクビクなっていたと思います。

しかも後ろにはみんないるんですから。

すると股に腕を通して遂にちんこまで触ってきました。

手慣れたエロい触り方でズボン越しでもすぐに勃ってしまいました。

すると今度はズボン越しに人差し指で亀頭をくりくりされたりして顔も火照ってきて色々とやばかったです。

なのに彼は皆と普通に話していたので普通に話してながらそんなことをしていると思うと物凄く興奮しました。

するとコンビニに行くという話になりそれはそこで終わってしまいました。

流石に恥ずかしすぎて目が合わせられませんでした、なのに彼は平気な顔でしたwww

そのあと2人に慣れたので

俺「お前さ…皆がいるじゃん。」

彼「えww喜んでたじゃんw」

俺「るせぇぇえ、」

彼「え、じゃあ皆がいなかったらいいの?」

僕はスマホに目を逸らしました。

そのあと結構2人になれたのですが、何故か匂いの話題になり

彼「お前人のどこの匂いが好き?」

俺「んー、」

彼「ちんこ?www」

俺「しね。」

彼「ごめんってwwwおーしえて!」

俺「んー。首とか肩とか耳のとこ。」

彼「ふぅーんwww」

何故か恥ずかしくなりまたスマホに目を逸らしました。

その後、彼とは手繋いだし、膝枕してもらったし、添い寝もしたし、腕枕やおんぶにだっこもしてくれました。

もちろんハグもしましまた。

ここまで結構やってるんですけど付き合えてないとなるとやっぱり辛いです。

読んでいただいてありがとうございました!

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。