ノンケ

【ゲイ】ノンケ学生くん、海外留学先でアナル初体験してしまうwww

海外でセックス三昧

魁斗です。高校生だった時の話です。

僕の高校は男子校でした。

やはり、ゲイの方もクラスの中に2,3人ほどいました。

僕はゲイではありませんでしたがゲイに目覚めてしまいました。

それは高校1年の時に行った海外留学のときです。

うちの高校はホームステイではなく、寮で2人で一部屋でした。

オーストラリアに3ヶ月間留学し一緒に日本から留学した子(昇くん)が、イケメンで高身長の子でした。

1週間共に生活しお互いのことを知ることができとても仲良くなりました。

そんなある日のこと昇くんが朝起きなくて起こしに布団を取ったらパンツ1枚で寝ていました。

何故かちんこがムクムクと大きくなっていました。

朝勃ちでしょう。

その時は、パンツの上からしか見ませんでしたがとても大きかったです。

その日の夜、昇くんが「魁斗、今日の朝起こしてくれてありがとう。体見たでしょ、朝起きたら布団が剥がされてたから魁斗かなー?って思ってさ。」

「魁斗の体も見せてね。これからお風呂入るけど一緒にどう?」と言われ、僕もまだ入っていなかったので「入る」と答えました。

先に入ってると言っていたので後に続きすぐ入りました。

脱衣所には、昇くんの服があり僕もその隣のカゴに服を脱ぎお風呂に入りました。

ドアを開けると中には、誰もいませんでした。

昇くんどこにいるんだろう…と立っていたら後ろからハグされました。

驚いて離れてしまいましたが背中に硬いものが当たったのが、わかりました。

見たことのないほどの大きさでとても太く長かったです。

これが巨根というものだと思いました。

僕の体をみて、フル勃起したらしいです。

恥ずかしくなり目をそらしましたか僕も勃起し始めてしまい昇くんに握られてしまいました。

「ちょっと、やめてよ!」と対抗しましたがやめてくれず僕のちんこは、ますます大きくなり、ついに昇くんの口の中に入ってしまいました。

はじめての感覚で腰が抜けてしまい身動きが取れませんでした。

仰向けにされ、それからというもの僕のちんこを舐め回し、射精までさせ満足そうにしていました。

「魁斗のちんこ太すぎ、ちょっと苦しくなっちゃった」といい、爽やかなイケメン顔をクシャッと笑顔にしながらちんこ越しに僕の顔を見ていました。

それに興奮したのかなかなかちんこが小さくならず僕のちんこを昇くんのアナルに突っ込み上下に動きはじめました。

ギュッと締め付けられたため痛かったですが、感じていたのか僕も昇くんも喘いでいました。

その時に初めて昇くんがゲイだと気づきました。

その日を境に毎日の様にセックスをしあい、裸で寝たこともありました。

いつしか、僕から昇くんを、責めたりしました。

僕は、ゲイになってしまったのだろうと思いながら昇くんとのセックスを楽しみました。

高2のアメリカ留学も昇くんと同じで毎日の様にセックスを楽しみました。

高3は、僕が転校したためカナダ留学は行けませんでしたが。高校生活は友達に恵まれとてもいい思い出になりました。

今では、男性だけのシェアハウスに住んでいますが昇くんはいません。

イケメンはいますが、まだ誰とも経験したことがありません。

誰か声をかけてくれればやりやすいのになぁ、なんて思いながら生活しています。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。