ノンケ

【ゲイ】福岡某温泉でノンケ君の疲れマラを手コキで抜いてきたwww

溜まってるようなので・・・・

ある夜に数十分かけて車で温泉に行き、露天でのんびりしていた。

そこはお仲間さんが時々来るところだ。

自分は短髪童顔だけどアラフィフな太親父であまり相手にされないのはわかっているので、のんびりすることとタイプの他人観察を楽しんでいた。

そしたら樽風呂にかなり長い時間入っている若者がいる。

若いといっても30前半くらいで普通体型、だが顔立ちが整っている。

同じ樽風呂に出たり入ったりして長湯しているので、お仲間かと思ったがそんな感じではない。

樽風呂は詰めれば3人くらいは入れる大きさだが、一人入っていると知り合いでもない限り、そこに入る人は少ない。

だが中年以降の人や常連さんや近所の人は一人入っていても「横いいかい?」と入ってくる人もいるので、しばらく悩んだが意を決して彼が入っている樽風呂に入ってみた。

恥ずかしがり屋や若い人、ゲイで相手がタイプじゃない場合はすぐに逃げるようにあがる人もいるが、彼は逃げない。

少しだけ顔を上げたが、イケメンなのにのぼせたのか疲れているのか少しぐったりした感じがしたので声かけて「大丈夫?」って聞いたら仕事で少し疲れてるだけだという。

少し話すと彼女無しの独身で自営業で実家ぐらしのようだが最近仕事が忙しいようだ。

湯の中で自分の足裏をもんでいると、彼の足があたったので疲れてるならとちょっと触るよと声かけて足裏を優しく揉んであげると気持ち良さそうにしてる。

それではと周りに人が少ないのをいいことに少し調子にのり、ふくらはぎや太ももへとマッサージをすすめていく。

湯の中で揉まれてリラックスしてきたのか気持ちよさが高まったのか、太ももをもんでたら勃起した竿に手があたってしまった。

「あら、元気になったね。溜まってるの?」と聞くとそれほどじゃないけどつい反応して、、、とこたえる。

嫌がる素振りもないのでそのまま続けてたら、勃起して恥ずかしかったのか、いつ人が近くにくるかわからない不安からか、立ち上がり別の一番奥の露天風呂に行った。

ついていくとそこは岩風呂で人が誰もいなかった。

湯に入り彼の隣に座ると「腰もつらいんですよねえ」みたいな素振りをしたので、自分は彼の後ろにまわり、座ってる後ろから腰まわりをもみもみ、、、。

すると彼はまた股間が元気になってきたようなので、風呂の中であぐらをかいた僕の膝の上に彼を横にラッコのように寝かせて水面から出たペニスをしごいてあげる。

ずっと興奮してたせいか拒否せずに気持ち良さそうに身を任せてる。

わりと早かったがしばらく手コキしてるとそろそろイキそうというので、このまま出させては湯に混ざるし、あがって更にできるような感じでもなかったので、急いで彼を後ろから抱きかかえるように自分の体の上(こういうときに腹が出てると役立つ、、、)に乗せ、彼のペニスから胸までを水面から浮かぶようにし、彼の腹や胸に自分のタオルを敷いた。

彼の体は僕の腹の上、彼の頭は自分の右の首もとにある。

そのまま続けてしごいていたら、「あ、もう、いきそう、、、イク、、、」とそのまま出した。

暗かったからあまり見えなかったが、それほどは飛ばなかったようだ。

タオルを敷いといてよかった。

自分は、終わるまで他に誰も来なかったことと温泉を汚さずに済んだことにほっとしつつ、彼との偶然の出会いとこの成り行きに少し高揚していた。

彼とはその後少しだけ話をして別れた。

自分はそこには月に1〜2度くらいのペースでしか行けず、彼は数カ月に一度くらいしか来ないと行っていたが、その後1年以内に3回たまたま彼に出くわし、同じように抜いてあげられた。

どちらも視力が良くないので近くに行ってみてはじめて「あら?来てたの?」って感じで、それからお決まりのもみもみ開始。(^_^;)

いつも初回以上のことにはなりませんが、彼に出会えた時はたまのご褒美かなってうれしく思える。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。