SM調教

【ゲイ】SM系発展場で拘束尿道責めからの輪姦体験してきたwwww

メチャクチャにされました

私がSM発展場へ足を運ぶと、M系の方は私一人で他はSの方が大勢いたように記憶しています。

部屋に入るなり私の腕を掴み、奥の部屋へと連れて行かれました。

私が腰に巻いていたタオルを剥ぎとられ、穴が大きく開いている椅子に座わらせるやいなや私の両手と両足に紐で椅子に動かないように固定されました。

この姿を見ていたS系の人達が私の周りを囲むと、次から次へと私の口の中にチンポを挿入してきました。

そして、私の陰茎を何かで包むような感触と共に鍵が掛かる音がし、目隠しされました。

私自身このような体験は始めてであり、あれよあれよという内にチンコが大きくなっていくのがわかりました。

ところが、大きくなると陰茎や亀頭に針のように先が尖っているものが当たるのです。

おそらく先程チンコに被せられた道具なのでしょう。

陰茎や亀頭に針が刺さるように痛みを感じ、興奮しないように必死で何かを考えようとしました。

しかし、今度は私のアナルにディルドを挿入し、次にはバイブレーターを挿入してきたのです。

私は思わず「止めてー」と叫ぶと一斉に止まりました。

本当はまだ虐めて欲しくて、虐めて欲しい仕草をするとその中のひとりが「本当は可愛いがって欲しいだろう?」と言うと私は素直に頷きました。

周囲からは笑い声が聞こえてきました。

すると誰かが「ここに、コレを入れよう」と言いますと、別の方が「我慢汁が出ているからすんなりと入るよ」と言っています。

そして、私の尿道に管が入っていくのがわかりました。

私は紐が解かれ、四つん這いになるように仕向けられて、私のアナルに次から次へとチンコを挿入した挙げ句、挿入されたチンコを口で舐めて綺麗にしました。

最後は、バイブレーターで射精され、終わると私はしばらく横たわったままでした。

このような体験は後にも先にもありません。

だけど、もう一度体験したいです。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。