男子学生

【ゲイ】温泉巡りに行くノンケ集団に紛れ込んでみた結果wwww

露天温泉で出会ったデカマラ

俺は30代のサラリーマン。ゲイよりバイの独身。

ノンケのふりしてネットでメンバー募集していた温泉巡りのメンバーになりました。

発起人は40代のアキラさん。

もちろん俺は目の保養の為。

メンバーは大学生から50代の中年まで。男女15人います。

しかし、実質活動になると皆んな忙しいのか数人になります。

アキラさんから昨年末に山陰の秘境巡りに一泊プランがきまった。

遠いせいか、参加するメンバーは男4人の、女性1人の5人という事で決まった。もちろん俺も参加。

だが、女性の方はひとり参加だったので為、即キャンセルに。

そして当日、島根県の出雲駅に来たのは俺と大学生のユウ君ひとりだった。

アキラさんはインフルエンザでドタキャン。俺に連絡あり、もう一人はユウ君に仕事が入ったとドタキャンの連絡。

俺とユウ君は、まぁ3人ならいいかなって現地集合。すると2人だけだったワケ。

文句いっても仕方ないので俺がレンタカー借りて温泉巡り開始。

最初の温泉は川沿いに無料の露天風呂がある秘境。

脱衣場がないから岩場で服を脱いで早速入浴。俺ら以外にもひと組入浴されていました。

川の水と湧き出る温泉が混ざって、いい湯加減。

湯もいいけど、ユウ君のガタイがいい。

アメフトしていたので、逆三角形のプリケツ。

俺も野球人だったから、まだ腹は出てないけどユウ君のガタイと若さに脱帽。

しかもユウ君、かなりの巨根。

話しを聞いて20歳で童貞みたいだが、勿体無い。

ガタイはいいけど顔が少しゴリラ系だからかモテないみたい。

でも俺的には大丈夫ってレベル。

外は少し寒かったからしばらくお湯に浸かっていると、先客は近くの建屋のある温泉に。

ユウ君と2人になり、俺も少しリラックス。

俺もアソコ隠さないけど、ユウ君も体育会系だからか隠さない。

目の前にユウ君の巨根がブラブラ。

俺のアソコは少し反応気味。

ユウ君が岩場に座ったので、マジマジと巨根が見える。

思わず、ユウ君デカイなって言ってしまった。

ユウ君も宝の持ち腐れですよって謙遜。

ユウ君が、タカカズさんもカリ大きいですね。って言った。

確かに俺のアソコはマツタケのカサが開いた感じのカリ。

俺はふざけてユウ君の目の前まで行ってアソコを見せてやった。

するとユウ君が俺のアソコを摘んだのです。

俺は焦りましたが、変に反応するとゲイがバレちゃうから、何するねん!って感じで返した。

しかし、俺のアソコは正直で触られた事で反応し半立ちに。

ユウ君が、タカカズさん抜いてないんですか?僕で反応してますよって。

俺的にユウ君がストライクなんだが、思わず本当は昨日抜いているが、一週間抜いてないって嘘ついた。

するとユウ君がふざけてなのか、また俺のアソコを掴かもうとした。俺は慌てたせいか逃げようとした結果、温泉の足場が苔で滑るので足を取られた。

なんとユウ君の膝の上に座ってしまった。

するとユウ君は俺のアソコをまた掴んで扱きだした。

気持ちいい。

すると俺の背中にユウ君の巨根が当たり始めた。

ユウ君も勃起していたのです。

背中に当たっているだけで、大きいのがわかる。

俺は、やめろやめろって口では言いながらシゴいてもらった。

マジでイきそうになったから、ユウ君から離れた。

するとユウ君のアソコはフル勃起し、我慢汁まで出ていた。

俺はふざけたふりして、ユウ君のアソコを掴んで反撃した。

ユウ君は逃げもせず、俺の手漕ぎを味わっているみたい。

ユウ君のアソコからはヌルヌルした我慢汁がどんどん出てくる。

俺は思わず、こいつ、仲間かって思い、思いきってユウ君のアソコをしゃぶってやった。

ユウ君から、ヤラシイ声がした。

すると物音がした。お客というか温泉をみに来た人らがやってきた。

俺らは何もなかったように温泉に浸かって、その人らに入りませんか?ってな感じの会話。

俺らはそれから全裸のまま、建屋のある温泉に移動。20メートルぐらい?の移動でした。

すると、さっきの先客さんらがまだ居られた。

そこでは何もしなかった。

それから本日の宿に移動。少し西へ車で移動、移動中に俺からカミングアウト。

するとユウ君もバイでした。大学のアメフトサークルでアナル開発されたらしい。

あだ名は肉便器みたい。

俺のカリが味わいたいと話してきた。

運転中に俺のアソコを服の上からずっと触ってしていた。結構な距離1時間ぐらい走って、宿についた。

この辺りで、有名な湯治場。

部屋に入るなり、ユウ君からキスしてきた。

その場はそれで一旦終了。

宿泊の小屋原温泉に着くと、ユウ君は我慢できなかったのか、即温泉に向かった。その日の湯治客はいないみたいで貸切状態。

早速、裸になると風呂入る前に俺のアソコをしゃぶりはじめた。

お風呂は塩化物系なので入ってからしゃぶるのに抵抗あるので入る前にエッチ。

コンドームも無いし、シャワーのような物も無いのでアナル掃除はできないから今回はアナルは辞めましたが、お互いの体を舐め廻したり、手漕ぎしたりで2回お互いイッた。

温泉に入って、食事の用意もできたので部屋に戻った。

田舎料理だけど美味しかった。ユウ君も食べた事ない山菜料理だったけど全部たいらげた。

布団は二組あったが、意外と部屋が寒いので、2人で抱き合って寝た。今度は俺からユウ君のアソコを掴んでやった。

また寒い寒いと言いながらお互い全裸になり布団の中で69になって愛撫。

朝になり朝風呂を頂き、朝食食べて宿を後にした。

次は千原温泉に行ったが、湯治客が多くてエッチは無理だった。

出雲駅に戻りユウ君と別れたが、今度は俺のいる大阪にユウ君が遊びに来る予定。

今度はコンドーム持参です。

COMMENT

Your email address will not be published.

体験談の著作権は当サイトにあります。