ショタ

【ゲイ】大きな乳房を揉まれ口便器にされたショタwwwwwwww

揉んでいい?

私は小学生高学年のころ少しぽっチャリしているだけなのに、なぜか女性のように乳房が膨らんでいました。

今から思えばクラスの女子の誰よりも大きかったと思います。

しかも形が全体的に丸くエロい形をしていて、柔らかくて揉みごたえもあったので、自分で揉みながらよくオナニーしていました。

もちろんそんなエロ乳をクラスの男子達が放っておく訳もなく、すれ違いざまに触ったりいきなり後ろから抱きつかれて揉まれたりしていましたが、一応嫌がるふりをして怒っていたため、その場限りのイタズラで終わっていました。

カズノリ君に気を許す時までは。

ある時、近くの公民館で子供向けの映画が上映された時でした。

20人ぐらいいたと思います。

薄暗い部屋の中で上映された映画はなぜか恋愛物だったように覚えています。

映画も半分をすぎた頃、私の背後に近寄ってくる子がいました。

その子は私の背中にくっ着くほど近づき、私の両脇の下から手を入れて、そっと私の胸にあてがったのです。

ちょっとびっくりしたのですが、映画の内容のせいか嫌ではなくむしろ触って欲しい気持ちになっていました。

そして私の耳元で「揉んでいい?」とささやきました。カズノリ君でした。

私はちょっとカズノリ君にもたれかかる感じで半分振り向いて、「ウン」とうなずいてしまいました。

するとカズノリ君の手は力を込めて私の両乳房を揉み始めました。

しばらく服の上から揉んでいましたが、そのうち服の中に手を入れてきて直接揉み始めました。

映画が終わるまでの1時間ぐらいでしょうか。

ひたすら乳房を揉まれました。

私は結構感じて興奮してしまい射精寸前でした。

映画が終わるとカズナリ君は何も言わず出ていきました。

それから一週間ほどカズナリ君は私を避けているようで何事もなく日々が過ぎて行きました。

ちょうど一週間が過ぎた頃、カズナリ君からメモを渡されました。

放課後体育館の倉庫に来てほしいと書かれてました。

ひょっとしてまたカズナリ君に乳房を揉まれるのかなと期待して体育館の倉庫に行きました。

倉庫に到着するとカズナリ君は既にいましたが、他に同級生のタクヤと知らない上級生らしき人がいました。

私はびっくりして、身体が硬直してしまいました。ここから逃げなきゃと思っても足が動きません。怖くて声も出ない状況でした。

カズナリ君は、ニヤニヤしながら二人に、「こいつのオッパイ、デカくてメッチャ柔らかくて気持ちいいすよ!」と言いながら、私の方に近づいてきて、「なあこの二人にもオッパイ揉ませてやれよ、いいよな」、と言うやいなや私の後ろに回り込み羽交い締めにしました。

抵抗する間もなく、他の二人が私のワイシャツのボタンを外しシャツをたくし上げました。

私の乳房が二人の前にあらわになりました。

二人はオーと言うと、激しく揉み始めました。

上級生は直ぐに乳首に吸い付きがむしゃらに吸い始めました。

それを見たタクヤも乳首を吸い出しました。上級生はどこで覚えたのか本能なのか、吸うだけでなく舌で乳首を転がしてきたのです。

乳首を吸われるだけでも凄い刺激だったのに乳首を舌で弄ばれて思わず悶てしまいました。

どれくらい揉まれて吸われていたでしょうか、最初恐怖で硬直していた私の体は腰砕けになり、この異常な状態をエロく感じ勃起していました。

彼等に堕とされてしまったのです。

激しく乳首を吸っていた上級生が急に私から離れスボンを脱ぎました。

そして私を跪かせ勃起したチンポを口に押し当てしゃぶるように要求しました。

私はその時、これから起こるであろうエロいことに内心興奮と不安と喜びの入り混じった気持ちになり、恐る恐る半分口を開けました。

上級生は私の頭を掴み、半分開いた口の中にチンポをねじ込んできました。

そして腰を振りながら激しくピストンを始めました。

他の二人は少しびっくりした顔をしながらも興味深かそうにフェラの様子に見入っていました。

私はどうすることもできず、ただ口を開けて受け入れるしかありませんでした。

彼のチンポはのどチンコにまで届かないサイズだったため、根本まで突っ込まれてもえづく程は苦しくなかったのは幸いでした。

ピストンがだんだん早くなったかと思ったら、急に根本まで突っ込んだまま動かなくなり射精が始まりました。

私は離れようとしましたが頭を掴まれているため動けませんでした。

チンポも喉奥にあったため、精子をそのまま食道に流し込まれてしまいました。

流石に少し気持ち悪くなりましたが、吐き出すことはできませんでした。

三人は、私を休ませることなく、体位を変えながら攻め立てました。

まず、四つん這いにさせられ、フェラを見て興奮したカズナリ君がチンポを口にねじ込んできました。

私は元々Mっ気があるためか、この時すでに三人の言いなりになり性奴隷になることに興奮していたようで、進んで口を開けてしゃぶりました。

他の二人は仰向きに寝て、頭を私の胸の下に置き、乳首に吸い付いていました。

私は乳首の刺激と男のチンボをしゃぶるという異常な行為に凄く興奮して射精寸前まで勃起していました。

カズナリ君が果てるとタクヤがフェラを要求してきました。

タクヤはものも小さく興奮しすぎていたせいかあっという間にはてました。

これで終わりかと思ったら、また上級生がチンポをしゃぶらせ始めました。

永遠に続くような長い時間、乳房と口を犯されていたように感じましたが、三人とも二〜三回果てたところで終わりました。

彼らはズボンをはき出ていきました。

私はしばらく呆然としていましたが、衣服を整え帰ろうとすると、パンツが濡れていることに気づきました。射精していたのです。

それから頻繁に呼び出されるようになり、三人の肉便器として乳房と口を犯され続けました。

私も三人に性奴隷の如く従い、それが喜びになっていました。

彼らも従順な私を大切にしてくれて、私の胸にいたずらする男の子から守ったりもしてくれました。

中学2年までぐらいは続きましたが、この頃になると彼女ができたりして、3人そろって私を抱くことも少なくなりました。

また、私も思春期になり、乳首に毛が生えて、それを見て興ざめする子もいて、ますます会わなくなりました。

結局、中3で終わってしまいました。

私は今でもあの時の性奴隷に落ちていく快楽が忘れられず、三人に犯されていた時のことを思い出しながらオナニーしています。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。