種付け

【ゲイ】三浦海岸で巨根熟年にガン堀りされアナル壊れた・・・・・・

毎年、紐Tバック穿いて焼いてます

夏になると決まって三浦海岸に来て紐Tバック水着のイヤラシイ跡をつけたいが為に日焼けしに来ます。

メインビーチには一般客が沢山居るので、メインビーチから南に10分位歩いた空いているビーチで日焼けしています。

よく来る50代位のカップルも、水着になり日焼けしています。

50歳位の男性はタトゥーが背中いっぱいに彫られています。

45歳位のオバさんは色は黒で前、後ろともに幅がやや広い普通のTバック水着で日焼けしていました。

私は男でバイセクシャルですが男の裸体より女の裸体、特にTバック水着姿に興奮します。男の裸体には興味ありません。

日焼けしている女のTバック水着姿に勃起してしまいました。

勃起した私は日本酒を飲みながら日焼けしていたので、酔っ払っているせいもあり大胆になり極小紐Tバックの上から撫でるようにオナニーをはじめました。

凄い興奮し気持ち良くなってゆきました。

気温も35度近くなり暑くて、その場所を離れ木陰に涼みに行きました。

その木陰は前に細い道があり時より人が通ります。

しかし私はいつ人が通るか分からないという現状に逆に興奮してきました。

ある意味、見られたい願望があり、それがまた興奮する材料になります。

紐Tバック水着を横にずらして勃起したペニスを解放しマスターベーションを始めました。

そして人が来る度にペニスをタオルで隠し、やり過ごしていました。

自分のイヤラシイ紐Tバック水着姿を見ながら大胆にマスターベーションを続けます。

その時です。いきなりスピードの競泳水着を履いた60歳位のオジさんが現れ、私のオナニーを見ながらオジさん自身もオナニーを始めました。

そして競泳水着をずらし硬くなったペニスを解放し私に見せつけてきます。

私は我慢出来ずにペニスを触りシゴキはじめました。

オジさんは喘きはじめ、私の口にペニスをもってきました。

私は我慢出来ず口にペニスを頬張り上目遣いでイヤラしくフェラチオをはじめました。

クチュっ、クチュっ、チュパっ、ブハッ!ペニスが口に収まらない位に肥大化し、イラマチオ状態になり喉の奥まで肥大化したペニスが入ってきました。

苦しくて苦しくて嗚咽を何回もして涙が止まりませんかでした。

息が出来なくなり苦しくてフェラチオをやめたくても、やめようとペニスを口から抜こうとすると抜かせまいと強引に口の中の喉の底まで押し込んできます。

死ぬーっ!助けて!声が聞こえたのかフェラチオをやめてくれて私の口マンコからペニスをだしてくれました。

私は四つん這いにさせられ、いきなりガチガチに硬く肥大化したペニスを私のアナルに容赦なくぶち込んできました。

痛あーいっ?死ぬーっ!容赦なく肥大化したガチガチの硬いペニスをケツマンコの奥(直腸)まで入れてきます。

それもピストンの連続!ハッハッハッハッ!人間ではなく馬の鼻息のように!私のアナル、ケツマンコを犯し続けます。

痛あーいっ、痛あーいっ!助けてっ!

もはや気持ち良さは全く無くアナルが破られ壊されそうで、半端じゃない痛みが続きます。

そして我慢していたウンチが漏れてしまっているのが分かります。

少しウンチの臭いがしてきたからです。

痛あーいっ!オマンコ壊れーるっ!

その時です、私のお腹の中に温かい液体がドロドロと侵入してくるのを感じたのは!

中にいっぱいザーメンをだされました。

我慢出来ずにウンチもいっぱい漏らしてしまいました。

ウンチといっしょにザーメンがドクドク私の太腿をつたわり流れてきました。

ウンチを拭く余裕も無く、四つん這いのままでいると、私を犯したオジさんはサッサと着替えて何も言わずに帰ってしまいました。

正直興奮はしましたがアナルセックスの気持ち良さは全く無く、死にそうなくらいに痛かったです!

やはりアナルセックスの前にはアナルにローションを塗らないとアナルが壊されるかもしれないので、これからは十分に塗ってケアします。

てか、アナルにローションを塗らせないで私を強引に犯したオジさんには頭にきています。

次のアナルセックスはTバック水着のオバさんに見られながら犯されたいです。

そしてオバさんに乳首を舐められ、ペニスをフェラチオしてもらいたい。

COMMENT

Your email address will not be published.

CAPTCHA


体験談の著作権は当サイトにあります。